※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Break Card
E.G.O.
2F/2C
スカラー/ワータイガー
4/3/3
1:目標の≪あなたのダメージ置き場または捨て札置き場のマシンまたはアンドロイドまたはサイボーグまたはサイボーグ♂を持つブレイクカード1枚≫を、あなたの手札に戻す。
「汚いな!さすが忍者きたない!」
No.EX0141
Rarity:R
Illustrator:絵師名
Expansion:BLAZBLUE

カード考察

通称「化け猫」。
メカメカしい分類ブレイクカードを回収するエフェクトを持つ。本人のファクター/コスト、エフェクトコストのいずれもそこそこ軽いので脇に立たせておけば相打ちのリスクを軽減できるだろう。

最強の生物獣兵衛(ミツヨシ)と最強の魔導士ナイン(コノエ)の六英雄を両親に生まれたサラブレッド。
ナインを殺した六英雄“ユウキ=テルミ”を激しく憎悪し母の仇を討つことを至上目的としているが、母親から受け継いだ魔法ではなく信奉する科学の力で成し遂げようとしている。これは、魔女であるため何かを知ってテルミに殺された母親と叔母(死神“ラグナ=ザ=ブラッドエッジ”イカルガの英雄“ジン=キサラギ”の養母セリカ)の跌を踏まないためという理由もあるようだ。
なお、母親を守れなかった父親の事も憎んでいる。
科学者としては非常に優秀なようで赤鬼“テイガー”次元境界接触用素体No.11“Λ-11-”の作成者(じつはどちらも拾い物を改造したのだが)であり、六英雄“ハクメン”を復活させた。
国士無双“ライチ=フェイ=リン”はかつての弟子であり、魔道の探求者“アラクネ”は彼女へのコンプレックスから禁断の研究に手を出し人間をやめることになった。

第一作から存在は語られており、家庭版移植発表時からプレイアブルキャラクターとしての登場が期待されていたキャラクターであるが、プレイヤーが『操作』出来るキャラクターとしての登場は実はアクエリが最初なのである。