※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Character Card
極星帝国
ドラグーン/スキャナー
1/1/1
チャージ1/サーチ(極星帝国のキャラクターカード)
No.3035
Rarity:UC
Illustrator:すぎやま現象
Expansion:調和の杯

カード考察

調和の杯で新たに追加されたスキルサーチ」を持つキャラクターカード。
サーチの対象は同色のキャラクターカード全てとかなり優秀。
しかし、既にセーラー・スーツサイクルというほぼ同等の効果を持つカードが存在するため、
優秀な割りにあまり目新しさを感じなかったところは残念である。

効果がほぼ同じであるためデッキに採用する際にセーラー・スーツサイクルと良く比べられる。
このカードにしかないメリットとしては、

 ・キャラクターカードであるため、ダメージ判定で瞬間的にもダメージになることが無い。
 ・初ターンにアグレッシブ展開要員の他に支配したいキャラクターや、編入生サイクルなど、
  手札にキャラクターカードが欲しいという状況に対応できる。
 ・勢力エリアに置けばとりあえずを止められる。

というものが挙げられる。対してセーラー・スーツサイクルのメリットとしては、

 ・バインド等の効果でダメージに送ることにより実質ノーダメージで効果を使える。
 ・セットするとファクターが増えるため、軽ブレイクのような運用が可能。
 ・このカードのサイクルが持っている分類アイコンより、セットした時に得られる分類アイコンが使いやすい。

といった辺りだろうか。
このカードの特色が局所的であることやキャラクターとしての性能が最低限であることも含め、
キャラクターカードをサーチするカードとしては概ねセーラー・スーツサイクルの方が
応用が効きやすく、使いやすいと言えるだろう。


とはいえ、ここまではあくまでこのサイクル全般の話。
ここに極星帝国という色が絡んでくることで、状況は変わってくる。

まず、キャラクターが持っている分類アイコン極星帝国として優秀であること。
極星帝国スキャナーを持つ優秀なネームレベルキャラクターが多く、単純にキャラクターカードとして使いやすい。

また、ミッシングリンクデュアルスラッシュを擁する極星帝国において、見張り兵が手札に加えられるというの点も優秀。
デッキ構築の際にこのカードと見張り兵のキャラクターカードだけで、実質軽ブレイク8枚としても数えることが可能となる。


このような特有の要素を含めると、デッキタイプによっては一概にどちらが優秀とは言えなくなってくる。
綺麗な相互互換の関係になっている秀逸なデザインのカードと言えるだろう。

○類似カード
スペースクリーナー
看病娘
エンジェルメリー
墓参り猫
スノーボーグ