※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Break Card
阿羅耶識
3F/3C
タレント/霊能者
5/4/5
シールド/チャージ1
1:メインフェイズ終了時まで、目標の≪キャラクター1人≫の攻撃力に-X・-(X)する。目標がアタックした場合、通常のダメージ判定を行わず、アタックを受けたプレイヤーのダメージ置き場にカードがX枚置かれるまでダメージ判定する。Xは目標のパワーに等しい。
「駄目ですよ、おいたをしては」
No.2938
Rarity:R
Illustrator:きみづか葵
Expansion:調和の杯

カード考察

カードの読みは「さいじょおう“いせ あかり”」

SagaⅠから登場し続けている古参キャラでAAAにも初期から登場しており、強力すぎて修正が重ねられてしまった能力と
猛威を振るった頃にさんざん聞かされた「ブログに書いておきますね」の勝利台詞でAAAプレイヤーに強烈な印象を残した。

エフェクトは少々わかりにくいが、運用としては対象のパワーによってアタックの捌き方を考えるというもの。
このキャラのパワーを参照しているわけではない点に注意。
対象のパワーが多い場合、攻撃力のマイナス修正が高いのでバトルに持ち込み適当に捌けばよい。
対象のパワーが少ない場合、ガードはせずにそのまま通せば、ダメージ判定ではパワー分までしか
ダメージ置き場に置かれないため、被害を最小限に抑えられる。

基本的には相手のキャラに向けて使用するだろうが、もしパワーが多い状態でこちらのアタックが通った場合には
エフェクトを使うことで通常よりもダメージを叩きだしやすくなる。
複数回エフェクトを使用すればその回数分だけダメージ置き場に置く判定が行えるので、
パワー次第では一回のアタックで勝負を決めることさえ可能である。