※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Break Card
極星帝国
3F/3C
スキャナー/ウォリアー
5/5/4
≪このキャラクターのアタック宣言に対してガード宣言するか、このキャラクターにガード宣言されたキャラクター≫に、
ただちにXダメージを与える。Xはこのキャラクターのパワーに等しい。
このキャラクターがガードした場合、≪あなたの任意のあなたの手札1枚≫をパワーカードとしてこのキャラクターにセット可能。
No.0585/0600/PP
Rarity:R/SP/PP265
Illustrator:あきまん/末弥純
Expansion:悪魔の契約


カード考察

アクエリアンエイジの主役の一人、極星帝国代表。…なのだが、E.G.O.代表とかダークロア代表とかと比べると、なんだか能力に個性が無く、
一歩及ばない感じがする。

2つ目のアビリティは、「ガードした場合」に限るため、X点ダメージビームでアタック宣言した相手を倒してしまうとパワーを挿せない罠がある。
どっちにしたって「オーナー手札から」の時点でほとんど使えないアビリティなのだが。

光の剣ダークソードなどのパーマネント精神力を上げると突破力が跳ね上がる。
誰にセットしてもそうだといやそうなのだが。
アイスウォールシールドを無効化して攻めるのも良いが、その場合、確実にトドメを刺せないとチャージできなくて逆にやられるかも。
同じような能力のアンデッド“ソニア・ホノリウス”の登場でますます影が薄くなってしまった。

メガミマガジンでは斜め上の方向に頑張っていたのだが……(カレー、ブルマ、裸エプロンなど)
ちなみに魔剣先割れスプーンは今回もちゃんと持っている。
魔剣姫だけに負けん気が強い。

○類似カード
アンデッド“ソニア・ホノリウス”
フェニックスナイト“リュディヴィーヌ・アンカ”