※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Break Card
極星帝国
4F/4C
アンデッド/ウォリアー
6/6/5
≪このキャラクター≫は、このキャラクターの持つ▼またはリムーブXのスキル1つにつき、チャージ1・パーマネント+1を得る。
このカードがセットされた場合、≪あなたの手札の▼またはリムーブXのスキルを持つパーマネントカード1枚≫をこのキャラクターにセット可能。
≪あなた≫は、このキャラクターに、▼またはリムーブXのスキルを持つパーマネントカードを、必要ファクターを無視してセット宣言可能。
≪このキャラクター≫の持つリムーブXのスキルの支払いは、あなたのデッキの上から、カードをリムーブXの数値に等しい枚数捨て札することで、支払ったものとして扱う。
No.3266
Rarity:R
Illustrator:真時未砂
Expansion:冥約の少女

カード考察

素の状態ではアビリティ対象となるスキルである▼(アグレッシブ)リムーブXも持っていないためパーマネントカードをセットするなりファストカードで付与するなりしてつけてやる必要がある。
2~3番目のアビリティがあるため専用構築をしてパーマネントで展開していくことが多くなるだろうか。
4番目のアビリティによりリムーブのデメリットが軽減できるが、デッキに埋まったキーカードを流してしまう危険性には注意。
余談だが姓のクヤムは棍棒という意味であり、だからかどうかは知らないがビーム釘バットは彼女のためにあるようなシナジーを見せる。
フレーバーテキストには「怨念とは最も強い感情」とあるがこれはおそらく間違っている。人間にとって最も強い感情は快感であろう。
少なくとも怨念とは根源的には快の喪失に起因している。
また、このエクスパンションのテーマは死であるが殺人事件の動機としては怨恨は2位(18%)であり、最多は憤怒による衝動的殺人(42%)である。(資料:警察庁発表「平成20年の犯罪」http://www.npa.go.jp/toukei/keiji37/h20hanzaitoukei.htm