※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Break Card
ダークロア
3F/3C
ワーウルフ♀/ゴースト
4/5/5
このキャラクターがプレイヤーに対してアタック宣言するか、支配キャラクターに対してガード宣言した場合、≪手札上限を越える手札を持つプレイヤー全て≫は、手札上限に等しくなるまで、手札からあなたの任意のカードをダメージ置き場に置く。
手札からカードが捨て札された場合、≪捨て札されたカード≫は、そのオーナーのダメージ置き場に置かれる。
No.3228/3242
Rarity:R/SP
Illustrator:成瀬ちさと
Expansion:冥約の少女

カード考察

お互いのプレイヤーに影響を及ぼす2つのアビリティを持っている。

1つめのアビリティはアタック宣言するかガード宣言すると全部のプレイヤーを対象にした日照りがトリガーするとういうもの。
すべてのプレイヤーに対して効果を発揮する為、日照りと比べると大祓祝詞と組んだりすると自分の方がひどい目に合う可能性があったりミューズの森とは微妙に噛み合わなかったりと微妙な使い勝手の悪さが目立ってしまう。

前述の事情からこのカードを活かすのであれば2つ目のアビリティがメインになる。
相手の手札を捨て札させる効果を持つカードが全てダメージソースに変化するという代物となる。
同色であればケイトでちょこちょこダメージを飛ばしたり、テミスのダメージ量を上げてみたり、相手がコストバック系のカードを使った返しにヴァンパイア・キスディスカードフェイズを誘発させて大ダメージといった使い方が可能。
とはいえ他勢力により良いシナジーを形成するカードが多いことからいろいろデッキの考え甲斐のあるカードであると言える。

九柱神“ネフティス”は神話上では母親なのだが分類が全く合わない。また、アクエリアンエイジに於いては母親が極星帝国なので平行存在や別人ということに厳密にはなるだろう。
アビリティエフェクトシナジーはあるが両者3F3Cであることを考えると実践での使用には一工夫と愛が必要か。
また、同じくエジプト神話の神であるセクメトは青かったり。