※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Break Card
ダークロア
4F/4C
スチューデント/タレント/ゴースト
5/6/6
バインド2
あなた以外のプレイヤーのメインフェイズ開始時、≪そのプレイヤーのデッキ≫の上からカードをX枚を捨て札する。Xはそのプレイヤーの、パワー0の支配キャラクターの数に等しい。
2:目標の≪パワー0のキャラクター1人≫を捨て札する。
「結局、退屈じゃない……嘘つき」
No.3230
Rarity:R
Illustrator:宮下未紀
Expansion:冥約の少女

カード考察

たなとすのうつわ“おこのぎ しあ”。

パワー0のキャラクターに対して効果を発揮するアビリティエフェクト持ち。
従来この手の能力は凍結系の十八番だったのだが死関係の能力もパワー0関係で処理されるようだ。
能力の都合上横取りブレイクは狙いにくくなるが、本人の分類は横取りしやすい。

パワコンの得意なにとって、パワー0のキャラを量産するのは比較的簡単。
ミューズの森ハロウィンナイトフェアリーリングなどを使用して相手にターンをまわすと、アビリティでごっそりとデッキが削れていく。
しかも、この手の能力にしては珍しく自分には効果が及んでいないので、持久戦になるほど自分が有利になっていく。
エフェクトも地味に相手の行動を縛り、コストの支払い方などに制限をかけられるだけではなく、チャンプブロックもしにくくなるので突破力が実質高まることになる。