※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Break Card
WIZ-DOM
3F/3C
ミスティック
4/(4)/4
シールド/キャパシティ+X
Xはあなたの支配エリアのWIZ-DOMのキャラクターの数に等しい。
このキャラクターがバトル以外の効果で除去される場合、あなたの支配エリアのWIZ-DOMのキャラクター1人を捨て札することで、≪このキャラクター≫を場に残すことが可能。
3:≪あなたの手札またはデッキ≫から、ネームを持つWIZ-DOMのブレイクカード1枚を、コストを支払わずにネームレベルでないキャラクターにセット宣言する。
No.3643/3587
Rarity:R/VF
Illustrator:こやまひろかず(TYPE-MOON)
Expansion:女帝の聖楔

カード考察

女帝の聖楔のメインビジュアルキャラクター。
WIZ-DOMのトップクラスの地位にある人間であり、能力はそこからイメージされたようである。
SagaⅠ・Ⅱからの復活キャラであるが、以前の「女教皇」「教皇」から「女帝」へと公式設定上の立ち位置が変わったせいか、
以前の能力の原形をとどめていない。

シールドと青キャラを身代わりにして場に残せるアビリティのおかげで除去耐性が高い。
高いキャパシティを得ることができるが、今のところキャパシティが高いことで直接的にメリットを得られるカードは無い。
今後のカードデザインに期待したいところ。
そして最も肝になるのはネームをサーチしてブレイクするエフェクト
ブレイクカードは「セット宣言する」ため、ファクター・分類そのほか、通常のブレイクのルールを守る必要がある。
しかしコストを支払う必要はないので、4コスト以上のブレイクを呼べば確実に得することができる。
また、エフェクトである関係上、レスポンスでブレイクをセットできるためにCIP能力を持つブレイクとの相性が高い。
ハンデス効果を持つエイミー除去能力を持つウランあたりが好相性か。
ただし、このエフェクトでブレイクを出していくとBCBを利用できず補給が苦しくなるので、補給線は厚くしておきたい。

設定上はWIZ-DOMのアルカナメンバーの一人。
WIZ-DOMのトップである女教皇の地位をポーラに譲り、現在はポーラの摂政役となっている。
WIZ-DOM内で発言権を強めるクラリスに対抗するためだが、そのクラリスからは「引退するする詐欺」呼ばわりされた。
引退の経緯や狙い等の詳細は公式HPのストーリー「ハイプリエステス」「偽りの太陽」を参照。


○関連カード
女教皇“ポーラ・ウァレンティヌス”
ハイプリエステス“ポーラ・ウァレンティヌス”