※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Permanent Card
極星帝国
2F/0C
±0/±0/±0
あなたの手札からブレイクカードがセットされた場合、それがこのターンにあなたが最初にセットした極星帝国のブレイクカードならば、 ≪あなたの捨て札置き場にある、そのカードのコスト以下の、ネームを持たない極星帝国のブレイクカード1枚≫を、あなたの支配キャラクターとしてセット可能。
No.3761
Rarity:C
Illustrator:竜徹
Expansion:約束の世界

カード考察

ブレイクすると、さらにブレイクがわき出るパーマネントのサイクル
コストも素体もいらずにもう1体出てくるため、補給・展開が楽になる。
0~1コストあたりのブレイクを多めに入れておくと効果を発揮しやすいだろう。
エフェクトを使った黒薔薇天使を再利用するのにも向いている。

アヴァロンとはアーサー王伝説と関係の深い土地で、アーサー王の遺体の眠る場所と言われている。
かつて公式ストーリーで何やら特別な土地っぽいことを匂わされていた割にはコモンで登場しているので、
ありがたみがよくわからない土地である。
過去に同名の全く異なるテキストを持つカードが存在していたが、過去のカードの方が名称修正されてしまい、
何かと曰くつきのカードとなってしまった。
なお、AAAでは不滅の騎士“ランスロット”のスキルとして登場。範囲内に入った敵のHPを減少させる(=直接ダメージではないのでダメージによる効果を発動させずに済む)効果があった。
発動時のセリフは「ここは我が王の聖域!」
血の雨が降る赤い絨毯状結界というあまり聖域っぽくない見た目であった。