※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Break Card
阿羅耶識
3F/3C
アスリート♀
5/4/5
シールド/バインド2/インターセプト
このキャラクターがバトルする際、≪このキャラクター≫に±0/+X/+Xして判定する。Xはバトル相手のパワーに等しい。
2:ターン終了時まで、このキャラクターに次に与えられるバトルによるダメージを無効化し、そのダメージに等しいダメージを、≪このキャラクターのバトル相手≫に与える。
No.3649
Rarity:R
Illustrator:ひびき玲音
Expansion:約束の世界

カード考察

SagaⅠ・Ⅱからの復活キャラクター。

合気道を用いるだけあって守りに向いたスキルのラインナップである。
シールドバインドでともかく落ちにくいのが頼もしい。
かといって守り一辺倒というわけではなく、バトル相手のパワー分能力値が上昇するため
パワーが集中したメインアタッカーも返り討ちにできる。
仮に相手がうまくパワーを調節してこちらを倒しにかかってきてもエフェクトで返り討ちを狙えるので、
相手からすると非常に厄介な存在となる。
エフェクトシールドバインドで耐えさせないように、折り紙のようなスキル対策を組み込んでおくといいだろう。
ちなみにエフェクトは通常ダメージ・精神ダメージの区別をしていない。
ということは精神攻撃すらも捌いていることになるのだが、果たしてどうやって合気道で捌いているのだろうか。

元ネタは「生ける伝説」とまで呼ばれた合気道家の塩田剛三と思われる。あるいは彼をモデルにした「グラップラー刃牙」の渋川剛気か。