※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Break Card
ダークロア
2F/2C
鬼♀/モンスター♀/ワーウルフ♀
3/4/4
このカードがセットされた場合、≪あなたのデッキ≫から、ネームを持たないキャラクターカードを1枚選び、あなたの支配キャラクターとしてセット可能。
このキャラクターが対戦相手を目標にアタック宣言した場合、ターン終了時まで、≪このキャラクター≫に±0/+1/+1する。
No.3719
Rarity:UC
Illustrator:真時未砂
Expansion:約束の世界

カード考察

2つのアビリティを持つ2段ブレイクの下段。
アビリティの方向性はばらばらだがどちらも比較的有用なため、下段にしては使い勝手がある。

上のアビリティはキャラクターカードをサーチするCIP能力
勢力を問わずキャラクターカードを持って来ることができるので、実質的には任意のファクターを一つ増やせる能力とも言える。
チャージ2のキャラを持ってきて補給を厚くするもよし。
狐妖のような「支配エリアにいるこのキャラクターを~」というアビリティの条件をすぐに満たせるようにするもよし。
状況に応じて様々な選択肢があるだろう。

下のアビリティはアタック宣言するたびにサイズが上昇する能力。
効果が累積するので、3回アタック宣言した時には2Fのブレイクにして攻撃力・耐久力が7と超大型サイズを超えるサイズとなる。
とはいえ、突破力を自前で持ち合わせていないので、サイズを活かせるペネトレイトが欲しいところ。
幸い鬼分類を持っているので、金棒で手軽に実現可能である。
金棒以外にもフルムーンなどの強力な特定分類限定のサポートカードの対象分類を持つので、
特定分類をテーマとしたデッキに組み込みやすい。

ちなみに、鬼狸狐というネームに対して鬼・モンスター(狸)・ワーウルフ(狐)とひそかに分類アイコンの並びが対応しているようである。

○関連カード
複合獣人“鬼狸狐”