※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

青単コントロール(対応環境:~始まりの地球)

  • キャラクター 33枚


  • ブレイク 18枚

  • パーマネント 4枚

  • プロジェクト 4枚

  • ファスト 2枚


解説

死の刻印スペルキャスター“レミリア・スウェーデンボルグ”のエフェクトで相手の妨害しつつ、
ルビー・ロッドのサポートを受けてアタックしていくデッキ。

死の刻印はこのデッキのキーカード。相手の主力カードを除去し、有利に立つことができる。
またスペルキャスター“レミリア・スウェーデンボルグ”のエフェクトはファストタイミングで(1)ダメージ
を与えることができるので、コストの支払いでパワーカードのなくなったキャラクターを除去することができる。
相手のカードの使用宣言にレスポンスでキャラクターを除去してファクター不足にさせれば、使用宣言を失敗させることができる。
パワーカードを集中させれば死の刻印、分散させればレミリアのエフェクトと相手にプレッシャーをかけていこう。

魔法薬師“ヴェルナ・エイワース”は(5)/5というサイズが強力で、さらにエフェクトでバインド1を
得ればほぼ除去されなくなる。自身だけでなく誰でも対象に取れるのが頼もしい。
エフェクトでインターセプトを得れば0コストで相手の攻勢を止めることができ、攻防の要となるだろう。

ルビー・ロッドは単純にアタッカーにセットするだけでなく、様々な使い方ができる。
インターセプト持ちのコロネルにセットすれば(3)点イニシアチブの壁。
シンクロ持ちの飛刀族にセットすれば誰にでもバトル時に攻撃力+2とイニシアチブの効果。
ただこれらのいずれもスキル・エフェクトなためラプラスの悪魔は天敵。
ダークロアとの対戦ではスキル・エフェクトを過信せず、慎重に戦いを進めていこう。


除去カードにより有利な戦いができる半面、コスト消費が激しいためトラストマインド十字祓などで除去を
かわされると補給差でジリ貧に。気が付けばほとんどアタックされていないのにデッキ切れ負け、という事態もしばしば起こる。
大型ブレイク+ルビー・ロッドだけでなく、キャラクターによるアタックコントロールも積極的に行っていこう。