※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Break Card
E.G.O.
3F/3C
スチューデント♀/ゴースト
5/(4)/4
シ-ルド/インタ-セプト/チャ-ジ4
このキャラクタ-が捨て札になる場合、≪このカ-ド≫を手札に戻す。
あなたのタ-ン開始時に、≪このカ-ド≫を手札に戻す。
No.0409/0585/0587/PR082
Rarity:SR/VF/SVF/PR
Illustrator:狗神煌
Expansion:冥烙の門/プロモカード

カード考察

冥烙の門のメインビジュアルキャラクター。
シールドで落ちにくく、高いチャージで補給に貢献可能と優秀なスキルのラインナップを持つ。
さらに、精神攻撃力+インターセプトで壁としての性能も高い。
また、捨て札になってもこのカードが手札に戻り、再ブレイクをしやすい。
相打ち狙いを視野に入れてもいいだろう。

しかし、自分のターン開始時にこのカードが手札に戻るのはこれらのメリットを打ち消しかねないほどのデメリットである。
いちいちブレイクし直さなければならないのでその分コストがかかり、せっかくの高いチャージもほぼ帳消し。
また、デメリット能力を考えればアタックコストを十分に用意しにくく、このキャラクターをアタッカーをして据えることは難しい。
素直な運用としては、アタッカー役は別に用意しておき、このキャラは相手ターンのガード役での採用となるだろう。
インターセプトのおかげでパワー0で放置しても仕事をすることができるので、他のキャラクターにパワーを回すことができる。
なお、どうしてもアタッカーに据えたいのであれば、「このカード」だけが戻ることを利用して、下の素体にもう一枚このカードをセットしておくなどしてパワーをプールしておき再ブレイクする方法がある。