※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Project Card
E.G.O.
3F/XC
範囲/持続
ターン終了時まで、≪キャラクター全て≫の精神力に-Xする。
「赤い月の蝕の夜、心も夢も蝕まれてゆく」
No.0027
Rarity:R
Illustrator:湊ヒロム
Expansion:逆襲の巨蟹宮


カード考察

登場当時から、デッキの中心的な役割を果たしてきたカード。
本来この手の能力はダークロアの十八番なのだが、あろうことかE.G.O.に登場してしまった。
SagaⅡのダークロアのプロジェクト、コキュートスより1F重いものの、精神力を下げる効果は、
E.G.O.という勢力自体と非常に相性が良い。

まず、E.G.O.のキャラクターは基礎精神力が高く、パーマネント等でも精神力を強化しやすい。
精神力を多少下げてもパワーカードの損害は少なくてすむし、他勢力のキャラクターのパワーカードが
全て捨て札されると、残ったパワーカードを使って場を蹂躙できる。
また、E.G.O.には軽ブレイクから複数のアイコンを持つブレイクカードが多数存在するため、
横取りが容易である。ワーカーアイコンを持つものも多い。
パワー0の相手キャラクターをブレイクすれば、相手の補給やファクターを潰しつつ、自分の補給や
ファクターを増やせ、まさに一石二鳥。

さらに夏休みの存在など、利点を挙げるときりがない。

E.G.O.をメインとするデッキなら、まず一番に投入を検討すべきカード。