※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Break Card
極星帝国
2F/2C
スキャナー/タレント
4/4/3
パーマネント+X
Xはあなたのダメージ置き場のカード枚数に等しい。
2:目標の≪パーマネントカード1枚≫をそのオーナーのダメージ置き場に置く。
No.0374/0391
Rarity:R/SP
Illustrator:あずまゆき
Expansion:魔術師の呪文


カード考察

パッと見ではそこまで強力には見えない。
が、なよ竹“かぐや姫”を守れる存在としては非常に心強い。

エフェクトヴァンパイア・ハイブリッド“夜羽子・アシュレイ”と同じく、セット宣言中のパーマネントカードも対象に取ることが可能。
強力パーマネントが横行するスタンダードスタイルでは意外と重宝する。
このエフェクトでパーマネントを10枚ダメージに落とせば勝利条件を満たす事ができるが、大道芸に近い。
彼女自身はオーナーのダメージ分パーマネントのセット可能枚数が増えるため、自分に撃ってもよい。
上記のかぐや姫と組むとパーマネント10枚越えも可能だが、そんなに大量のパーマネントカードがデッキに入っているかという問題がある。
そもそも、大量にパーマネントを使いたいのなら柴原瑞希UXを使った方が楽しいだろう。
と言われていた時期もあったがパーマネント装備数+無限大のダブル・インフィニティガントレットの登場により極星帝国は一躍パーマネント大量装備に最も適した勢力となった。(実際の運用はともかく)

サイズ的にメインに据えるよりも相方のシュリーやかぐや姫のサポートとして入れる方が使いやすいか。
特にシュリーとは勢力スキャナー分類が合う上、アビリティの相性もよい。
ピュア・ハート“メアリー・ピュア”とはタレント分類が合うため組み合わせてみるのも面白いかもしれない。

Web連載小説では死霊の杖、ドラマCDでは通販で買ったG-ブレイブカイザーを使っていたのでファンデッキを組むときは参考に。