※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Fast Card
ダークロア
2F/0C
目標/瞬間
目標の≪手札上限を越える手札を持つプレイヤー1人≫の手札が手札上限に等しくなるまで、
目標の手札からあなたの任意のカードをオーナーのダメージ置き場に置く。
No.0344
Rarity:R
Illustrator:よしなひじき
Expansion:魔術師の呪文

カード考察

条件さえ整えば、相手を瞬時に殺せるカード。
遺伝子の力でキャパシティ+∞を得る魔女の刻印が登場し、「これで日照りも怖くない」と言われたりしたが、そもそも日照り自体が単独で使われることが滅多にない。
使われるとしたら、赤緑で大祓祝詞で強制ドローフェイズを連発、あるいは青で月光浴を使い手札上限を下げてしまい、手札をダメージに叩き落すという一撃必殺デッキぐらいだろう。
しかし、一発コンボである都合上、相手が手札を増やさないように行動してしまえばこの必殺コンボは不発に終わる。
というわけで使用頻度はそれほど高くない。
「決まれば強い」
という程度。そもそもこのタイプのデッキはゲームと言うより引く「作業」なので、人によっては好みで使わない。

大量ドローを必須とするフェザーライト“羽生 美輝”ムーン“ルネ・ジェヴォーダン”を軸としたデッキを相手としたときはいいのだが、それ以外ではあまり役に立たない。
・・・と思われていたが、遺伝子の力ミューズの森なんてカードが出たから、さぁ大変。
更に、ECBをはじめとするパワーカードを手札に戻す効果を持つカードの増加に伴い、
日照りを単独で使っても結構大ダメージを与えられる環境になってきた。

例外的な使用法としては、自分に使いブライトタイガー“ブランシュ”の強化も可能・・・・・。
だけど、緑は他に優先するカードが多いのが現実。