※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Break Card
WIZ-DOM
3F/1C
モンスター/ワーカー
4/(4)/4
【“アナスタシア・ビフロンス”のみブレイク可能。】
≪全てのプレイヤー≫は、ダメージ置き場に置かれているプロジェクトカード・ファストカードと
同じ名称のカードを使用宣言することができない。
1:目標の≪ダメージ置き場のカード1枚≫をそのオーナーの手札に戻す。その後、そのオーナーの
デッキの一番上のカード1枚をそのオーナーのダメージ置き場に置く。
No.1093/1109
Rarity:R/SP
Illustrator:石田敦子
Expansion:月光の秘儀


カード考察

中途半端なロック性能と、これまた微妙なエフェクト、そのうえ多段ブレイクなおかげで日の目を浴びる事無く今日まで来てしまった一枚。
アビリティに関しては、早い段階でエクリプス送り雛といったキーカードや、パニッシュメントⅡといった大型除去カードが落ちれば儲け物といったところ。
大抵のデッキにはプロジェクトカードファストカードは同じカードが2枚以上投入されているので、電子ウィルスダメージ置き場に叩き落すのも面白い。

エフェクトの方は、電脳妖精“ラプンツェル”と似たような効果。
違う点は、ダメージ置き場に置かれるのがコストではなくデッキトップである点。
狙ったカードをダメージ置き場に落とせない欠点があるが、相手プレイヤーに使用すればデッキを1枚減らせる。
地味ではあるが、最終盤には確実に効いてくる効果であると言える。

呪文封印はこのカードの為にあると言っても過言ではないほどの相性のよさ。
相手のプロジェクトカードを封印しつつ、自分はエフェクトで再び呪文封印を手札に加えることができる。

○関連カード
占星術士“アナスタシア・ビフロンス”