※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Break Card
極星帝国
3F/3C
ミスティック/アンデッド
5/5/4
バインドX/オフェンシブ
Xはあなたの手札枚数に等しい。
No.0968/0972
Rarity:R/SP
Illustrator:後藤なお
Expansion:太陽の恵み


カード考察

極星帝国待望の、ミスティックアンデッドの3F級大型ブレイク。
後藤なお氏のイラストのおかげで、カードショップなどでは、ちょっと値が張る1枚。
イラストだけでなく、スキル(特にバインドX)が優秀。
Xが手札を参照するため、バインド0という夢のスキルが、比較的楽に手に入る。

同時に収録された光の剣セットして相手をタコ殴りにする光景がちょくちょく見られる。
自分が攻めるときは、動く度にバインドの値が上昇するので、ハンドを減らす行動をするなどして、注意してほしい。
また、デューク・フリーズ“フリードリヒ・フォン・アイヒェンドルフ”エフェクトオフェンシブを無効にすればバインド0のまま攻められるが、その場合自分のパワーが0になるとバインド0まで無効化されてしまうので気を付ける必要がある。

後に登場したアンデッド“ソニア・ホノリウス”とは、アイコンがまったく同じなので相性がとても良い。
デッキを組む際は、アンデッドではなく、ミスティックに傾けるのがベター。

遺伝子の力で登場した超融合メカ“ブレイブライガー”は「アタックコストをデッキに戻す」というテキスト(アビリティ)があり、
ルール上はスキルよりもテキストが優先されるため、アタックしてもコストが手札に帰ってこない。
これによりハンド減らし・スキル制限を考慮することなくバインド0を得ることが可能。
ブレイブライガーもファクター無しでセット出来るため、一考の価値あり?