※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2006年11月にブラジル人の21歳のモデルが拒食症(神経性無食欲症)で死亡し、大きなニュースになりました。そして催眠療法。日本でも有名アイドルの拒食症が注目されたことがありましたね。拒食症は精神疾患で、摂食障害の一種です。拒食症は、常に自分は太っていると考えるので、体重を落とさないではいられなくなります。または催眠療法は。拒食症は治療が難しく、長い時間がかかります。拒食症の症状は、極端な体重の減少、女性であれば無月経、必要以上の運動を行う、睡眠障害などがあります。また、現在の病状やその深刻さの認識が乏しいことです。拒食症は致死率が高い疾患で、拒食症の主な死因は、極めて低い栄養状態や不整脈の併発です。抑うつ症状を伴った場合、自殺を図ることもあります。拒食症の原因については、いろいろ議論や説がありますが、そのうちいくつかを紹介しましょう。遺伝的な要因、発病のきっかけとなる何らかのエピソードによるストレスなどの心理的な要因や体重減少の達成感から気分高揚し、体重を落とすことが止められなくなる依存症、痩せた女性が賞賛される社会的風潮などが拒食症の原因とされています。拒食症の治療は、成功率を高めるためには早期の治療が大切です。治療は、心理療法、薬物による治療法、家族へのカウンセリングなどが主な治療法です。医師や家族が無理に食べさせようと強硬な手段を用いると逆効果となります。治療での一番重要なことは、患者の人関的な成長や実生活への適応を応援する、患者と医師、患者と家族の信頼関係を築くことです。