初心者用ガイド

各画面の詳しい説明についてはメニューの遊び方の該当項目を参照してください。

Ⅰ レベル2になるまでビギナーミッションで戦う

キャンプ画面から ぼうけんビギナーミッション を選択して戦闘画面に入り、 オレンジ色の枠で囲まれた敵たたかう で攻撃して倒します。
敵を倒したら にげる を選択してキャンプ画面に戻り、再びぼうけん⇒ビギナーミッション・・・と繰り返して経験値とお金を貯めていきます。
倒せないような敵が出た場合はにげるを選択してキャンプ画面に戻って5分ほど時間を潰すと、新しく別の敵が出現するようになります。
また、 敵に倒された場合はにげるを選択してキャンプ画面に戻り、ブラウザを閉じて10分以上待って回復させましょう。
ゲームを止める場合も同様にキャンプ画面でブラウザを閉じて下さい。
レベル2になったらキャンプ画面で てんしょく を選択し、戦士に転職して下さい。

※ポイント※
HPの高い敵が出現したら諦めて逃げましょう。まず勝つことはできません。
魔法を使ってくる敵にも注意。運が悪いと一撃で気絶させられてしまう場合があります。
敵の宝箱から服類や素材類が出たら装備せずにとっておきましょう。後々ヒーリングを習得するために必要となります。
モンスがついてきた場合も召喚せずにとっておきましょう。後々取引所で証や書と交換する時に役立ちます。
効果値の高い武器(攻撃力増加)や盾(物理防御増加)を装備すると戦闘が楽になります。
買物のし過ぎに注意。戦士への転職費用である100Gを貯めておくことを忘れずに。

Ⅱ レベル4になるまでビギナーミッションで戦う

再び、ぼうけん⇒ビギナーミッションを繰り返して経験値とお金を貯めていきます。
戦士のとくぎである火炎斬りを駆使すれば、戦闘がぐっと楽になりますが、 モンスターハントは決して選択しないこと。
今の状態でモンスターハントに挑んでも、自力で勝つことはほぼ不可能です。(戦士の能力はワイアームと同程度)
そのままビギナーミッションでレベル4になるまで戦い、僧侶に転職しましょう。

※ポイント※
火炎斬りは、フレイムなどの炎に耐性のある敵に対して効果はありません。(ダメージ0)
敵の宝箱から服類や素材類が出たら装備せずにとっておきましょう。後々ヒーリングを習得するために必要となります。
モンスがついてきた場合も召喚せずにとっておきましょう。後々取引所で証や書と交換する時に役立ちます。
効果値の高い武器(攻撃力増加)や盾(物理防御増加)を装備すると戦闘が楽になります。
買物のし過ぎに注意。僧侶への転職費用である100Gを貯めておくことを忘れずに

Ⅲ ヒーリングを習得する

僧侶の持つヒーリングは、HPを大きく回復させる事ができる唯一の特技です。
この特技があれば、長時間戦闘することが可能になります。ただし 絶対にビギナーミッション以外は選択しないこと。
また、あらかじめ ぬののふくきぬのローブ 等の服系の(生ログでLaと表記される)アイテムを装備しておくと
戦闘後、まれに「さらに△△はヒーリングを閃いた」と表示され ヒーリングの書 というアイテムを入手することができます。
このヒーリングの書を使うことによって、特技の2番目にヒーリングをを習得することができます。

※ポイント※
僧侶に転職した状態で袋から素材類を取り出し、錬金することによって服を作成することができます。
服1着で4回閃くときもあれば、服10着で1回も閃けないこともあります。根気良く頑張りましょう。
モンスがついてきた場合、召喚せずにとっておきましょう。後々取引所で証や書と交換する時に役立ちます。
ヒーリングの書は結構な価格で売却することが可能ですので、少し余分に閃いておくのも良いでしょう。
書を使って習得した特技は、転職しても失いません。(別の書を使うことによって上書き可能です。)

Ⅳ バウンティハントで隠しJobの証を手に入れる

レベルを22まで上げて竜騎士に転職しましょう。(例:僧侶⇒侍⇒吟遊詩人⇒雷鳴士⇒槍使い⇒竜騎士)
竜騎士の特技であるジャンプは敵に大ダメージを与える事ができます。(ただし、ジャンプ直後の魔法攻撃で大ダメージを受けてしまいます。)
このジャンプとヒーリングを駆使して バウンティハント に挑戦し、隠しJobの証を獲得しましょう。

※ポイント※
魔法を使ってくるJob敵に注意。(炎使い、魔術士、妖術士、吟遊詩人、魔銃士、雷鳴士、王子、王妃、魔法剣士、天使、悪魔、召喚士、死霊使い、楽士、踊り子、賢者)
他にもレベル30で転職できる狂戦士・女戦士や、レベル38で転職できる獣人などで戦うのもアリです。
隠しJobの証がなかなか揃わない場合は、これまでに手に入れたモンスをなどを使って取引所で募集してみるのも良いでしょう。
髑髏騎士や天空騎士など需要がある証は、結構な価格で売却することが可能です。

Ⅴ 同盟を組んで他のプレイヤーの特技を習得する

他のプレイヤーと同盟を組んでみましょう。同盟を組むことによって、特技の3・4番目に同盟相手の技を習得することができます。
所属している国の掲示板などで、条件の合う同盟相手を探しましょう。
相手の条件によっては、幻魔剣やデルタアタックなどの隠しJobの技を習得する必要がありますので、必要に応じて証を使って転職しましょう。
また、どうしても隠しジョブの証や技が手に入らない場合などは、ヒーリング+マキシマム、ヒーリング+ガードオファなど、一般ジョブでも人気のある技であれば、同盟相手が見つかることがあるかも知れません。

※ポイント※
自分と相手の所属している国をチェックすることを忘れずに。国が違うと同盟は組めません。
同盟で習得した技は、追放されたり別の国に仕官しても失いません。(再度同盟することによって上書き可能です。)
隠しJobの書などは、これまでに手に入れたモンスなどを使って取引所などで募集すれば、比較的簡単に集まるでしょう。

特技が4つ揃えば、あなたは一人前の冒険者です。
上級のミッションに挑んだり、同盟を繰り返してもっと自分に合った特技を探すなど、ここからは自由にプレイして下さい。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。