ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない@まとめwiki

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない6


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 13:14:05.97 ID:uXSEiJ.o
立てたぜ





4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 13:16:40.60 ID:.p27jCM0
>>1乙




8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 13:17:46.92 ID:pVBIfGAo
い、い、い、いいいち
お、お、おおおおつ






9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 13:18:10.88 ID:sMS9UHIo
上原さん自重wwww





10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 13:18:47.47 ID:/sNRprk0
い,お






14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 13:23:36.68 ID:8BgcoIIo
「ま、ま、ま、まっ、ち」
「みみみ、みる、るる、う」






15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 13:25:17.03 ID:rqRLHGE0
上原ァ!
>>1乙してる暇があるんなら大人しく入院してればいいんだよッ!!







16 :マ男 ◆kmd7lCK4/M:2007/12/02(日) 13:27:07.67 ID:HD2QBAQ0
後で聞いたが、求人票を作る際、俺と藤田さんの経歴を載せるために
履歴書を社長から貰い、それで知ったらしい。
どこまで嘘でどこまで本当かは知らんが・・・。





それからの日々は地獄だった。
周りの目が常に侮蔑の色に見えた。
あの藤田さんも、俺の事を「中卒が」という目で見ていると思っていた。


俺だって好きで中卒になったわけじゃない。高校行きたかったさ。
行かなかったお前が悪い、と言われれば、それはまさに正論だし、俺は否定する気はない。

だけどな、中卒だからと言って、人に意見しちゃいけないとか
人の上に立っちゃいけないってのは何か違うんじゃないのか。


中卒だからって理由で、なんで俺はこんなに馬鹿にされないといけないんだ。
俺の歩んできた人生は確かに褒められたものじゃない。
だけど、それを食い物にされるっておかしくないか?



まぁどんな話にも賛否両論だ。
俺はこう考えている、と受け取って貰えれば問題ない。


どう考えても自己擁護ですまんww




俺は不意に涙が出たりと、色々とやばいことになっていた。

会社に行きたくない。
平日の朝が来るたび、強烈な吐き気と眩暈に襲われる。





そしてついに俺は

(会社・・・辞めよう・・・)

俺は社長室に向かった。








17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 13:27:59.87 ID:dJDBcGoo
これは・・・・






18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 13:29:37.15 ID:pVBIfGAo
鬱モード入った
このまま続けて上原さんになるEND






19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 13:29:43.35 ID:Uk0ykDAo
学歴に拘る奴程仕事出来ないってのが良くあるよな。
中卒だからって恥じる事はない。
仕事を遂行する上では能力が全てだ。
俺はそう思う。







20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 13:30:02.24 ID:oWwNN4Ao
やっぱりリーダーはそういうタイプだよな
延々と中卒呼ばわりする人間







21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 13:30:16.13 ID:8BgcoIIo
中卒が社長室に向かってるぞwwwwww






22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 13:30:28.52 ID:v7tr1V20
中卒より仕事が出来ないリーダーの存在価値ないじゃん。









26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 13:31:22.44 ID:8Vv5yko0
能力で優っていてもコンプレックスだから大卒に対して何も言えなくなるんだよな・・・つらいな








29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 13:32:12.61 ID:/DwbeBo0
まあ実際は>>1の被害妄想だろうな







31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 13:33:28.26 ID:IvBu4bAo
コンプレックスでトラウマだから理屈じゃないんだろうな。








33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 13:33:34.52 ID:3I7XkQU0
トラウマにスイッチ入ってしまった人間ってのはそういうもんだ。

人間なんてそんなに強いもんじゃない。







42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 13:37:59.04 ID:98b1EkUo
まあ、世の中色々な人がいるからね








43 :マ男 ◆kmd7lCK4/M:2007/12/02(日) 13:38:30.39 ID:HD2QBAQ0
俺はよく頑張ったさ。誰だって褒めてくれる。
もう社会に出て行くのは俺には無理だ。この会社をやめて、NEETに戻ろう。
そう思いつつ、社長室をノックする。




「どうぞ」
「失礼します」
「む、マ男くんか。どうしたんだね」
「会社、やめようと思います」
「え? 何かあったのか」




事情を説明したって、何の意味もない。俺は早くここから出たい。




「家の都合で、仕事を続けることができなくなりました」
「そ、そうか・・・。残念だな・・・」




沈黙。




「本当に、本当にやめるのか?」




やめる。俺は頷いた。




「マ男くん、君は本当に優れた人間だ。
君をここで失うのは、原石をどぶ川に捨てることと一緒なんだよ」



俺は中卒なんです、社長さん。
大卒がダイヤの原石ならば、中卒は河原の石なんです。
いくら磨いても無意味なんですよ。やめさせてください。
言葉には出なかったが、俺は終始、下を向いていた。




「・・・わかった。だが、少し待ってくれないか」




何なんだ・・・。











47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 13:40:26.66 ID:IvBu4bAo
この社長もリーダーを囲ってる時点でちょっと説得力ないんだよなww






48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 13:40:43.63 ID:kKvGX8s0
理由は言わなかったんだな。







63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 13:51:40.79 ID:8BgcoIIo
リーダー支持派がいないな






64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 13:52:26.82 ID:/DwbeBo0
>>63
無能で威張り散らし社内の空気を悪くする人間を誰が支持するかよwwwwww
人多かったら即クビでしょう






65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 13:53:29.69 ID:M9I/qaso
リーダーを支持するやつがいたらびっくりだ







74 :マ男 ◆kmd7lCK4/M:2007/12/02(日) 13:58:11.00 ID:HD2QBAQ0


第三部『そして廃人へ・・・』ついにこのレスで終わる。





社長はすぐ傍にある子機を取り、電話し始めた。



「あぁ、藤田くんか」



藤田さんと俺に何があるんだ。



「すぐ来てくれ。そうだ。君から聞いた件だよ」




電話が終わる。




「マ男くん、藤田くんが今から来る」
「それがどうかしたんですか」
「・・・今の君を私はここで失いたくないんだよ。藤田くんと、二人で話をしてみてくれ」




そう言い、部屋を出て行く社長。
時計の針が動く音だけが聞こえる室内。

不意にノックの音がした。




「社長、よろしいですか」



藤田さんの声だ。
もう一度ノックの音。




「・・・失礼しますよ」




藤田さんが部屋に入ってきた。



「マ男くん、大丈夫か?」




・・・




「少し、話をしようか」




今更何を話すのか。




「マ男くん、私の過去の話だ」


・・・なんだって?






数々の修羅場を潜り抜けてきたが、ここで人生最大の壁にぶち当たってしまった俺。
中卒という名の大きすぎるコンプレックス、今まで生きてきた経験の少なさ。
そして、崩れ去った自信。

果たしてここから俺は這い上がれるのか!?
そして、藤田さんがこれから話す過去の話とは!?








どうする俺!? どうなる俺!? 続くぅ!!






次回、『平成の孔明、マ男に過去を語る』










78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 13:59:42.76 ID:EQYcgUMo

これはwwwwwwwwwwktk











84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 14:00:25.70 ID:pVBIfGAo

藤田さんの過去くるううううううううううううううううううううう









91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 14:02:11.55 ID:pIHnzfUo

わわわわっふふふふる








98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 14:04:43.62 ID:g9y66aYo

藤田さんの過去話!!!










103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 14:08:10.05 ID:dJDBcGoo

藤田「実は俺・・・・」





後はご想像にお任せします










109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 14:10:11.85 ID:/DwbeBo0


マ乙!









154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 14:34:48.89 ID:A1qHfFEo

藤田さんは上原さんの開発者だった










157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 14:35:40.73 ID:2GS5Qxoo

>>154

不覚にもwwwwwwwwww










158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/02(日) 14:35:41.18 ID:3I7XkQU0

>>154

なんという超展開!!!

 

 

連絡事項
  • とりあえず相談どおりに公から全転載。
  • 途中で変なアフィリンクが入っているかもしれない。見つけたら消してください。
  • 考察と見解にコメントフォームを設置。適当に書いてください。

  • マ男のタイプが遅いのはデフォ。


新都社で漫画化されたようです。

面倒なので中途半端。でも、関連スレの全datは持ってます。多分。

避難所
http://jbbs.livedoor.jp/movie/8299/
movieカテなあたりがwiki管的に炎上な空気を読んでいます。

管理人連絡先
blackmatome あっと gmail どっと com