※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「アンコウ……?漢字はどう書くの?それって苗字?名前?てゆーか日本人?」

 聞いたこともない音に、あたしは思わず矢継ぎ早に質問を投げかけた。
 アンコウと名乗った男はそんなあたしの様子を見て、思わず笑った。彼の黒髪が少し風になびいた。

「そう慌てるなって。俺はアンコウ、唯それだけだよ。物心付いたときから両親っていう若々しい男女はいなくてさ、古びた小屋に婆さんと二人で住んでた。なんか知らないけど婆さんは俺を“アンコウ”って呼んだんだよ。理由は今となっちゃ聞けないんだけどな。婆さん死んじゃったし。」

そこで自称“アンコウ”は一瞬遠い目をした。

「あー……。うん、それでだな、俺は実の名前知ってんだけど、好きじゃないんだよ。だから俺のことはアンコウって呼んでくれ。な?」


 そういってアンコウは、優しく笑った。