※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

しばらくあたしたちの間に会話はなかった。どうやらアンコウは久しぶりにオレンジジュースを飲んだらしく、実においしそうに、そしてちびりちびりと飲んでいる。あたしは何だかいたたまれなくなった。アンコウは恐らく社会人だろう。でもどう転んでもサラリーマンではないだろうし、ましてやどこかの会社の社長であるわけもない。あたしは好奇心に押し込まれて、アンコウに聞いてみた。

「ねえアンコウ、アンコウって社会人なんだよねえ?どんな仕事してるの?」

 この人には、何か特定の仕事の匂いがしない。それは多分、アンコウが匂わせる過去と現在の香りが、あまりにきつい香りだからだと思う。
 空になったカップを懸命に覗いていたアンコウは、突如話しかけられて、まるで悪さが見つかった小学生のように肩を一回振るわせた。

「んー……。さい、当ててみてよ。」
「えー何で?言ってくれたっていいじゃん!世の中には仕事なんて星の数ほどあるんだからね!その中からひとつを当てるなんて不可能だよ!」

 あたしの最もな言いがかりに、アンコウは困ったような顔をした。

「だけど、俺教えちゃいけないっていわれてるからなあ……。」

 彼はのほほんと言ってはいたけれど、あたしは彼の漆黒の瞳に移った憂いの色を見逃さなかった。