※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「アキノリは嫌なやつではあるけど、いい奴だよ。」
「どっちなの……。」
「その中間なんだ。真面目なようでいて滅茶苦茶ふざけてる。そんな奴なんだよ。」

 アキノリ(さん)が、アンコウの本当の友達であることは簡単に察することができた。多分現時点では、彼はアンコウにとって唯一心を開くことのできる相手に違いない。だけど、あたしもその一人になれたなら――

「さっきアンコウ、“アキノリが唯一の友達”って言ったけど、それ訂正してね。」

 勇気を持って、言ってみた。
 彼は驚いたような顔をして、あたしの言葉の意味を噛み締めるように静かに応えた。

「でも本当に俺にとってはアキノリだけが――。」
「これまでは、ね。今からはそうじゃないよ。あたしも、アンコウの友達だから。」












 その瞬間、アンコウの表情は花が咲いたように明るくなった。それは、見ているあたしも幸せにしてくれるような、微笑だった。