※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1 -エピローグ-


「此処にも、お前の探す物は無かったな、レンよ。」
 小高い丘に立つ長身の若い女は、眼下に広がる小さな里を見下ろしながら、傍らに控える小柄な少女に向き直った。
 “レン”と呼ばれた少女は、静かに目を閉じ、呟いた。
「この世界の何処かには在るのだから、それはきっと見つかる。こうして探していればね……。」
 風が一陣 さあ とふいて、木々の葉がそよいだ。