※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

4


「14枚も……。手紙が付いたのは早くても一昨日くらいで、ここまで送るには丸一日は掛かるから、こんな量1日で書いたのかしら、アナトアは。」
 一枚目の“親愛なるレンへ”という文字を目で追いながら、レンは呆れつつ微笑んだ。
「ふむ……。余程重要な事が伯爵の身の上に起きたのかねえ?ま、無駄口叩かず読め、レンよ。」
 グレーズの言葉に促され、レンは黙々と手紙を読み始めた。彼女の顔は、手紙を一枚読み終わるごとに、どんどん驚愕の表情に変わっていった。
 14枚を尋常ならぬ速度で読んだレンは、たった今自分に驚きを与えた許婚からの手紙をグレーズに差し出した。彼女の表情には驚愕と、恐怖の色が見て取れた。レンが読んでいる間うとうとしていたグレーズは、レンの並々ならぬ様子に、手紙の内容が自分たちにとって驚くべき物であることを知った。
 受け取った手紙を読み終わったグレーズは、一度乾いた笑みを漏らした。
「……この手紙に書いてあることが事実だとすると、我が祖国はまた、新たな国に占領されかかっていて、その国がトルエンを所持している可能性が大、と?」
 レンは大きく頷いた。
「アナトアは、身分を隠して、現支配者であるトリッサ王の側近として権力をつけ始めている。国勢には詳しいでしょう?その彼が言うんだから間違いないと思う。」
「ふむ、トルエンは我が祖国【フロイア】に在ってこそ、その本来の神秘的な力を発すると伝えられているからな。」
「そしてその力は神のお力をも凌駕すると言われているし。」
 グレーズはにっと意味深に笑った。
「これは益々探し出すのは大変になりそうだな。」
 レンは手紙の入っていた封筒を強く握り締めた。