※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

8


 敵軍の侵攻に戸惑う国民たちは、次々国外への逃走を図っていた。その内の一人に、グレーズが居た。彼女の家は隣国との国境線近くの村にあった。隣国軍の奇襲で、村にある家は例外なく火を放たれた。

 8月19日未明、ローリア・グレーズは異様な匂いを感じ起き上がった。目を開けて視界に飛び込んだのは、燃え盛る自分の家だった。
 一瞬間、何が起きたのか分からなかった。しかし、燃え盛る火の粉が自分に降りかかるのを感じ、ようやく事態を把握した。
「クロエ、クロエ!!」
 彼女は必死に3歳の娘の名を呼んだ。
――あの子を助けなければ……!
「あなた起きて、家が燃えてるの、火事よ!!」
 隣ですうすう寝息を立てる夫を揺らし、彼女は髪を振り乱して起こした。間もなく夫・フルーセルは目を開けた。
「火事だって……?……ああっ!家が、家が燃えている!」
 夫婦の眠る部屋の隣で、クロエが寝ているはずだ。
「クロエが危ないわ、助けなきゃ!」
「ここは僕が行く、とりあえず君は家から出るんだ!」
 夫の言葉を素直に聞き入れたグレーズは、部屋の窓から出た。フルーセルは迷わず隣の部屋へと走る。
 家を出たところで、グレーズは信じられない光景を見た。
――村が……村が燃えている……?!