※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

9


 幼いころから、愛しんできた故郷の町は、見るも無残に赤く染まり、町中悲鳴が響いていた。ここをこの世の地獄と呼ぶのだと、遠のきそうになる意識の中でグレーズは悟った。
 隣家の窓枠から、黒焦げになった隣人の上半身が垂れ下がっていた。その横で、遺族が狂気に満ちた声で叫び続けている。村の中央部にある広場では、親の腕だけを持った子供が、訳も分からず呆然と立っていた。火は次々と村の住居を燃やしていった。
 暫く茫然自失の体で立ち尽くしていたグレーズは、背後の自宅からの、耳を劈くような爆発音で我に返った。咄嗟に彼女は、青ざめた顔を後ろへ向けた。

――!!! 

 彼女がそこで見たものは、屋根を突き破り吹き飛ばされて、たった今自分が出てきた窓の下に横たわる幼い娘と、その下敷きになった夫が燃えていく様子だった。火は二人の体を巻き込んで炎を上げ、空高く上っていった。火の粉が容赦なくグレーズの体に当たり、その一つが彼女の右目を直撃した。
 グレーズは、燃えるような目の痛みと、体が捩れる様な恐怖を、ほぼ時を同じくして感じ、口からは悲鳴とも絶叫とも形容できる音が発せられた。
「ああ……あなた!クロエ!ああ……あ…っ…ああああああああああああ!!!!!!」
 燃えゆく小さな村の悲鳴が、また一段と大きくなった。