※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[7]

 瑞穂は、決して聞き返したりはしなかった。だけど、分かっていたはずだ。莉奈の言葉が、何を意味するのかを。
 場が凍ったのを美玖は感じた。慌てて話題をそらす。
「あ、そういえば昨日の部活でね、先輩が転んじゃってね!」
「へ~。」
 場を抜け出そうとするように、瑞穂がそれに乗ってきた。また莉奈は黙る。最近、瑞穂と美玖だけがべらべらとしゃべり続け、莉奈は何を考えているのか押し黙る事が多かった。

 瑞穂も知ってしまった。美玖は絶望的な気分になった。2人はさしてその話などはしなかったけれど、お互いに思っている事は一緒だった。それを、美玖はまだ冬の時点では知らなかった。

添付ファイル