※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

生きていくのは難しい。

数々の出会いと、そして別れを経験しなければならないから。

出会わなければ別れることなんてありえないのに。

別れの哀しさを知ってしまうことなんてありっこないのに。



ねぇ、どうして?

人はどうして出会っちゃうの?

私はこんな悲しみを背負うのならば、いっそ出会わないほうが良かったよ。



――そうはっきり断言できてしまったら どんなに楽だろう。

でも 結局私は出会いを否定する事なんてできない。

生きていく事を否定する事もできない。

何だか自分が 価値のない人間のように思われてしまうから。




思えば 哀しいとかそういう感情よりも

私が悲しい人間なのかもしれない。

あの日あの時

こうしていれば ああしていれば

後悔を繰り返しても また同じように誰かを好きになる。















ねえ 母さん

母さんもそうだったの?

そうやって大人になっていったの?

みんなそうやって大人になっていくのかな

だったら私は大人になんてなりたくないよ




そう

あの日に戻りたい

無邪気に遊んでいられた

あの日々に