※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ねっとりと絡みつくように私を撫でる

母の手

家事をしていなかったから 彼女の手は 綺麗なままだった



父は 主婦業を全うしない母を 責めるような事はしなかった

その代わり 私が小学校5年生の時

つまり 家を買って一年後 家から出て行った




「新しい女の人と暮らすんですって。酷いわね、父さん。」




母は 大して傷付いていないみたいに言った

だけど私は 十分傷付いていた

ようするにこれは ドラマや漫画でよく出てくる

離婚……。

















あとで知ったことなのだけれど 母と父は入籍していなかった

私は私生児で 戸籍にはただ “女”と記載されているだけ








「そんなこと 気にしたってしょうがないわ。父さんと母さんは一時期愛し合っていた それだけ。その事実が戸籍になくても、それは事実なのよ。分かるでしょう?また人を好きになってそして戸籍に残す そんなことしてたらキリないわ。」






















分からないよ、母さん。

何でそんなに人を好きになるの?

一人の人を命を賭けて 生涯をかけて愛する事が 何故 

母さんには出来ないの?

普通の人は 普通の母さんは ちゃんと 家事もやるし

子供に寂しい思いなんて させてない

















寂しいよ 母さん

施設に入ったほうが 幸せかもしれないよ

母さん分かってよ

私と貴方は 違う人。