※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

中学校に入って 部活にも入って 

ようやく中学が 私の場所になり始めた 中学2年生の頃

突然


















母さんが死んだ













朝目覚めたら 母さんがいなくて 車もなかった

きっと仕事に出掛けたのだろう

職場に行って 何かを学ぶために 行ったのだと思った

私は気にもせずに学校に出掛け 3時間目の終わる頃

最悪の知らせが届いた



「松本さん、ちょっと来て。」




















「貴方のお母さまが、亡くなったって――。」












































嘘。

あんなに昨日まで 元気だったのに













「事故だったそうよ……。身元の確認に時間がかかったって……。」











昨日 その事故はあったようだ

そういえば母が帰ってきた形跡はなかった

何故 気付かなかったのだろう

朝 母はすでに 死んでいたのに












「とりあえず警察に行きなさい……。親族は、見つからないから。」














そうだよね 母さん

母さんは 私が唯一血のつながる存在で

他には誰も いなかった