※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

訳の分からない税金を払うのには お金が必要だったのに

母の残した遺産は そう多くはなかった

なのに 何故か 月末には必ず 通帳に20万くらいの納金があった

あとで知ったことだけれど これは 

母の恋人からのものだったらしい

娘になるはずだった私を 気遣ってくれていた

それに20万も 毎月 無償で くれていた

その人は 家庭を持っていなかったから

そんなことが出来たのだろう

その人は とても優しい人で 顔もおぼつかないのに

私を一生懸命 守ってくれた

そんな人 世界のどこにいるんだろう








案外 そんな人は 私の隣にいた


























“菅崎 龍”

























これが 私の 運命の出会いだったのかもしれない