※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

――ねえアンコウ、あたしとあんたが出会った日は、朝から雨だったよね。






 その日は朝から雨だった。町を行く人々の横顔はどこか物憂げで、見ていて此方まで鬱々としてくるような、いいことなんて何一つないんじゃないかと思えるような、そんなRainy Day。まさかこんな日に、奇跡があたしに舞い降りるなんて、誰が想像できただろう。