※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

じめじめ暗い気持ちになりながら、あたしは寂れた町の裏通りを、その場の雰囲気にまるで溶け込まない蛍光ピンクの傘を指し、生徒が私を入れてたった4人しかいない個人塾へと走って向かっていた。

そんなあたしに、不図誰かがぶつかった。その反動で、あたしは思わずかさを落とす。と同時に、塾のテキストを入れていた真っ白なバッグも地面へと落下した。
「あ……。」