※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

関わっちゃいけなかったんだと、本能的に悟った。

「な・何でもないです!」

急いで泥のはねたバッグを拾い、そして傘を手に取った。中学3年生のあたしが真っ向から対立したって、いい事なんてあるわけないし。もしかしたら酷い怪我をして終わりかもしれない。

だけど邯鄲には逃げられなかった。
脱兎のごとく逃げようとしたあたしの手を、不意にその男がつかんだんだ。

「ごめんな、それ。」