※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

そう直感したとき、あたしは自然と頷いていた。





「そういえば俺、名乗ってもないしあんたの名前も聞いてねーや。お前なんてーの?」
 さっき居た裏通りからはとっくに抜けていて、賑やかな大通りを歩いているときに、男はふとあたしの方に向き直って言った。
「失礼だなー。人に名前を聞くときは自分から言うものでしょ?」
「むう……。分かったよ、名乗るよ。」







「俺、アンコウってんだ。よろしく。」