※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■ボロボロ党員や関係者等登場人物の一覧です



あ行


アーサー・トライン


このスレでのボロボロ党の構成員(?)。28歳にして童貞でエロゲオタ。
一応ミネルバの副艦長。本人曰く、次期艦長候補。
妄想、ハァハァ、自演の達人。マガジンZでゾフィーマンセー漫画を連載している。
かなりのビッグマウス。バレンタインのチョコは母親からしか貰った事がないらしい。
なつきやSEEDの女性陣に常にハァハァしている。
自演のしすぎで何度も脱党の危機に陥る。
自称『ボロボロ党№4』

アーストロン


ウルトラマンジャック(帰ってきたウルトラマン)の対戦相手第一号。
帰マン登場時はあまりぱっとせず、メビウスで復活したときも
ケルビムの木偶にされたと思いきやコントロールが解かれるとその
凶暴さをいかんなく発揮してケルビムに反旗を翻す。このときは
メビウスにケルビム共々倒されたが、ウルトラギャラクシーで見事リベンジを果たした。

始羅鉄幹(テツ)


デカレンジャーに登場。
弱気の刑事デカブレイクに変身する。
スーパーデカレンジャーロボ辺りから空気化。

アスラン・ザラ


ボロボロ党のナンバー2の実力者。
なぜかやたらと女にモテる。ゾフィー隊長と同じく自分の活躍の捏造もこなす。
特訓によりギャレンに変身する能力を手に入れた。
また、ゾフィー隊長のデュミナストでもある。
久織ちまきのペンネームでダムAに自らの捏造漫画「痔エッジ」を連載した。
なぜかヅラ疑惑があるがそこには触れてはいけない。
正気が無くなるほどのメイリン好き。
最近ヅラをとられてハゲ頭を晒すようになった。
2007年4月24日、橘さんを蹴落として党首の座に君臨した。
が、1人ボロボロ党からの脱走を試みるが失敗し、再び№2へと転落した。
最近になって種死33話での滑舌の悪さを指摘され、オンドゥル星人に(不本意ながら)認定されてしまった。
No.2の地位にありながら、しだいに空気化していった。
そして2008年3月3日遂にキングギドラにNo.2の座を盗られてしまった。

アンギラス


ゴジラの手下怪獣№1
水爆実験でアンキロサウルスが突然変異した怪獣らしいがアルマジロ野郎などと呼ばれることもある。
初登場映画の中盤でゴジラに焼却処理され、それ以来ゴジラのパシリ扱いにされてしまう。
その後はメカゴジラに顎を引き裂かれたり、キングシーサーにサッカーボールにされたりと悲惨なポジションに付いている。
好きなものは三度の飯より美袋命(猫のほうも好き)。得意技は暴龍怪球烈弾と三次元での吹き出しによる会話。

アンディ・ボガード


橘右京の友人。餓狼伝説の登場キャラ。
主人公の弟でありライバルというポジション。
それなりに人気で、それなりに強いキャラだったが、最新作では登場せず、そこでシリーズが打ち切りに。
その後KOFシリーズにも出場出来なくなり、「斬影拳のキレを餓狼2時代に戻すべく修行中」などという冗談のような回答が公式HPに掲載された。
餓狼3のエンディングで、ギースとの戦いでムチャしすぎて吐血したことも忘れられている。
ある意味、サムスピ(ほぼ)皆勤賞の橘右京よりもボロボロかも知れない。
特技はかすれたエコーボイスと同時に出す斬影拳。

犬上小太郎


狗族と人間のハーフ
主人公 ネギ・スプリングフィールドのライバル的ポジションとして登場。
最初は敵キャラ→戦闘→友情→協力タッグ…と王道的な展開だったが、
学園祭の武闘大会の2回戦でぽっとでの強キャラのかませにされ(まさに噛ませ犬)その後、暫く登場せず。
その間主人公サイドは、敵の罠で改編された未来に跳ばされる等の冒険満載。
(ちなみに改編された未来でも登場せず)
その後、ラスボス戦にてちょっと助けに出てきただけで出番終了。
んで第二部になっている今現在……ほぼ背景の扱い………
魔法の国編になれば少しは出番は増える…かな?

ちなみにネギまは、アニメ化を二回もは果たしているが、小太郎はそのどちらにも登場していない…
色々とキャラが壊れている第二期版はまだいいとしても、
第一期版は原作基準なので、小太郎が初登場する関西での話が当然あるのだが……彼は一切出てこない…

隠将ファントム


ロックマンゼロの四天王一人。
実は四天王で唯一の鬼籍であり、それゆえか忘れ去られていった。


ウルトラセブン


ウルトラ3番目の弟。
地球防衛に対する考えから、ゾフィー隊長とは仲が良くない。
板野一郎お気に入りのウルトラマン。
決してウルトラ"マン"セブンではない。
ザコキャラ相手だと苦戦するが、強敵には滅法強いという特性を持つ。
カネゴンのブログ(円谷の2008年エイプリルフールネタHP)において「ウルトラマンの仕事したいんだけど、どうやったら
できるの?」という問いに対し、『頭が燃えても冷静に対応できる判断力も必要。隊長クラスは余裕で対応可能。』と書き込みゾフィーをコケにした。

ウルトラマンゼノン


雑誌情報では主役のウルトラマンマックスを上回るスペックで期待されたが、いざ出現するとゼットンに叩きのめされ、召還したマックスギャラクシーをマックスにあげただけ。
オマケに最終回では地球近くまで来ていながらマックスとギガバーサークの戦いをナズェミデタンディス!?
一応ボロ党特撮支部長だが出番が少ない為に、常に下克上の危機に晒されている。

エルドラン


正義の味方の光の人。
その割には、ライジンオー第一話で侵略者のミサイルを喰らい学校に落ちて、乗っていたロボを学校の子供に預けて雲隠れする迷惑な人である。
さらに続編のガンバルガーでは魔王を封印しておきながら返り討ちにあったり、 第3作のゴウザウラーでも、歴史を守るといいながら自分のロボの偽者に返り討ちにされるという へタレぶりを披露した。
その後、OVAライジンオーでは「エルドランが一番迷惑」と言われ、悪の「ワルドラン」を生み出してしまうという醜態を晒す。
そしてダイテイオーでも、自分のロボを全て投入して侵略者に挑むものの、 返り討ちにされ封印されるのだった。
設定の割に弱すぎるゆえにアニメ板のボロ支部では次期幹部を期待されている。


か行


界王神


ドラゴンボールの世界で一応一番えらいと思われる神様。
その割にはほとんど弱すぎてやはり付き人と合体してからはパシリ扱いだった。
フリーザを一撃で倒せるらしいが信憑性が薄い。
ボロボロ党ではゼットンやバードンやゴジラとかも倒せると言っているが信じられない。

ガイガン


ゴキブリ宇宙人ことMハンター星雲人の作り上げたサイボーグ怪獣。
ギドラとのコンビでゴジラ、アンギラスと血生臭い決闘の末逃走。
以後の登場作品でもでも負け続けた。
GFWでデザインも新たに再起を図ったが首飛ばされるわ、自分の武器で機能停止するわと本当にロクな目に遭っていない。

カイン


バロン王国の竜騎士。
2度にわたる裏切りを果たし、今や多くのユーザーからRPGにおける裏切り者の代名詞と認識されている。
他の仲間との折り合いが悪く、特にジャンプ中にローザにケアルガをかけられて1人回復できないと言った嫌がらせを受ける事が多い。
ガリが好物。

影山瞬


三代目ザビーにして暫定パンチホッパー(AAはパンチホッパー)。
最初は好青年だったが矢車に変わりザビーになるや否や悪役っぷりを発揮
しかし急激にヘタレ化していき、いつしか皆に愛されるヘタレキャラに。
留まる所を知らないヘタレシンドロームはしまいには見てられない程に。

火山怪鳥バードン


言わずと知れたゾフィー隊長の天敵。火山出身。
飛行速度マッハ10で、100万度の火炎を吐く。
タロウとゾフィーを倒したが、登場した回で「火山怪'獣'バー'ト'ン」と誤植される、復活したタロウの新アイテム・キングブレスレットであっさり倒された、メビウスでも1回で倒されたなど、微妙に報われない。
党員の頭を赤く染める炎は大抵彼(女)の嘴から放たれる。

ガラハド


ロマンシングサガのサブキャラ
主人公の一人であるグレイの仲間のローザリアの聖戦士でグレイには信用されているらしい。
他の主人公の場合、アイスソードイベントの際に頃すことが可能なために2chにおいて
それがネタになっている。
迷台詞は「ねんがんの アイスソードをてにいれたぞ!」 「な なにをする きさまらー!」
また、知る人ぞ知る漫画版でもサルーインに惨殺されるという名誉な役どころを貰っている。
ボロボロ党ではゲーム関係の支部長を任されている。
最近は同じゲーム関係出身であるサルーインと一緒にいる。
現在におけるボロボロ党№4候補の1人。
例の断末魔の影響か、「きさまらー」が口癖。

ギャオス


悪食党党首。
橘さん並の超悪食で人肉大好き。非ボロ党員であるキャラ(特に鷹姉妹)を捕食しようとする。
彼(女)曰く、「ボロ党員は不味くて歯ごたえが悪く、空気党員は味がない」と。

キングギドラ


ゴジラの宿敵で自称『東宝で最もカッコ良くて強くて人気のある怪獣』。
金星を滅ぼし勢いに乗って地球に侵攻したがゴジラ、モスラ、ラドンの三馬鹿に凹されて以来
宇宙人、未来人のポチになったり首飛ばされたり集団リンチに遭う等の悲惨なポジに就いている。
1/100隠者の売れ残りをネタにして以来凸をバカにする事に生き甲斐を感じている。
かつて特撮支部長の座をゼノンと争い結局東宝支局長に留まった・・・と思いきやゼノンの出番が少ない為に実質橘さん、隊長と共に特撮での代表格。
左手を失って気の毒なルイスの為に、義手として首を1本プレゼントした。
そして2008年3月3日空気化した凸からNo.2の座を奪取した。

玖我なつき


ボロボロ党の(名前だけ)No4にして紅一点。通称女ヘタレorがくえんちょ。
舞-HiMEにてパンツをオーファンに盗まれたり、ケツに葱突っ込まれたりと大活躍。
続編では公式にヘタレ認定された。必殺技はセクシーポーズでのヒッチハイク。
ボロボロ党入りが決定した訳はゾフィー隊長曰く、「バレンタインのチョコが欲しかったから。」
前スレでは若干出番があったが空気なことには変わりはなかった。
最近ゾフィーによるセクハラの被害に遭っている。そのせいか空気は脱出できたが最近精神に変調を来たしてしまった。
勢力拡大を狙ったネギ党に拉致され、両党の衝突に発展するが運悪く彼女1人だけがS.P.Dに逮捕されてしまい、そのまま新年を迎えると言う悲惨な目に遭った。

クック・カーランド(KK)


アムドライバーに登場。
シーンユニット時代から影が薄く、JAに入った後も存在感が無かった。
その影の薄さはボロボロ党内で存在感の薄いアムドラ勢の中でも一際目立つものがあった。
ロシェットに振り回されたり、キャシーに虐められたりなど、
酷い仕打ちを受けてきたソスなキャラである。
中の人つながりでたまにフォンドゥヴァオゥ!を発する。

草加雅人


仮面ライダーカイザに変身する。
「俺のことを好きにならない奴は嫌いなんだよ!」等、かなり自己中でブッ飛んだ台詞が目立つ。(天道ほどではない)
アーサーの天敵

来須蒼真


一応、ドラキュラの転生体であり美形主人公として設定されたはずだが髪型が70年代。
そして能力もネタなものが多い、カレーを投げつけたりスライムを投げたり舌を伸ばしたり。
南光太郎の歌により、悪魔城との空間がつながり迷い込む。
ヴィンデルにより悪魔城に帰る事ができたはずだが…?
現在、そのスレッドは荒らしに遭い凍結状態である。

ケルビム


ウルトラマンメビウスに2度登場した宇宙怪獣。
1体目は近・中・遠距離すべてに対応した武器を持つ強豪だったが
2体目はほかの怪獣をコントロールする能力を持つも利用していた
施設が破壊されて、木偶扱いしていたアーストロンに反逆され
結局アーストロン共々メビウスに倒された。更に、後番組の
ウルトラギャラクシーではそのアーストロン相手に、死んだふりで油断したところを
耳を捥ぎ取られた挙句熱線を食らって爆死した。
大怪獣バトルの技カードで出ているがこのカードのイラストも出来があまりよくない。

賢将ハルピュイア


ファントムと同じ四天王 。
声は逃げちゃダメだ緒方恵美。
シリーズを重ねるごとに情けなくなっている。
ちなみにコピーエックスを甘やかしたのもこの人。
2にてかつて冷遇したレプリロイドのエルピスに飼い犬に噛まれた飼い主のごとく逆襲され、
3ではとうとう自分の守るネオ・アルカディアをバイルに乗っ取られる
オフィシャルコンプリートワークスによると3のオメガの爆発により他の3人とともに死亡、
u-capcomによると4時代にはゼロと別の場所で戦っている、
リマスタートラックピュシスによるとラグナロクの流星を地上から眺めている、
…といったように媒体によって異なる説のあるボロボロな扱い。
最新作のロックマンゼクスでライブメタルになってしぶとく生き残る。

コウ・ウラキ


ニンジン嫌いのガンダムパイロット。
一応主人公らしいがどうみてもライバルであるガトーの引き立て役。
0083最終巻の不意打ちと無様な姿の披露でボロ党入党に…。

ゴジラ


誰もがご存知怪獣王。東宝怪獣系ボロ党員の天敵。
熱線でよく凸のヅラ等を消し飛ばしている。
最近カメラのCMに出演している。
にしこりではない。

ゴジュラス


ゾイドの第1号。モデルはゴジラ。
アニメ等でそれなりの扱いを受けていたが、後継機のゴジュラスギガが出てからはめっきり出番が減った。

ゴジュラスギガ


新型ゴジュラス。
『共和国の切り札』とまで言われていたが、モルガを追いかけて崖から転落したりなど、ポカが目立つ。
それでもなんとか活躍し始めた頃、帝国側にセイスモサウルスが登場。
得意なはずの接近戦でも負け、完全に出番を奪われる。
最終的に、味方と3体がかりでなんとかセイスモを倒すが、人気は取り戻せず。

ゴモラ


1億5千年前繁栄していた古代怪獣。
強力な尻尾が武器でこれによって初代ウルトラマンを一度は敗退させた。
更に大怪獣バトルでは主役級の扱いを受けており、ウルトラギャラクシーでは新たな必殺技を身につけ、更に主人のレイのレイブラッドとしての覚醒によりEXゴモラに進化した。
レッドキングとは犬猿の仲。そのレッドキングが大怪獣バトルNEOの主役に抜擢されたのだが、実写版の主役の座の維持など、彼の方が目立っている。
また、映画「大怪獣バトルウルトラ銀河伝説」にて、主人のレイとともにウルトラ兄弟と一緒にベリアルに立ち向かってゆく予定である。

さ行


斎王琢磨


GXに登場。
党首や万丈目が所属する光の結社の首領。
三沢を使いボロボロ党を光の結社に取り込もうと企んでいる。
凸・フェニックスとは仲がいい。

小夜子


橘さんの恋人で、フルネームは深沢小夜子。故人。

サルーイン


ロマンシングサガの三邪神の一人
ラスボスなのだが、石化されて倒されたり、リメイクのミンサガでは運命石を、
10個捧げないと弱いと言う体たらくである。
ボロボロ党では邪神とは思えないほどの良識人でジェリドやハイネとともに突っ込み役
をしている。渾名は猿院。

ジェリド・メサ


Zガンダム第一話でカミーユに殴られてから転落人生へまっしぐら。
同僚、恋人を失い、ストーカーの如くカミーユを追いかける。
最後は単に悪運が強いのとニュータイプを勘違いされて、
本人の意志でか強制されてかは未だに不明ではあるが、 ニュータイプ用可変モビルスーツ『バウンド・ドック』で出撃。
カミーユと対戦するも還らぬ人に…。
この人が元祖『汚名挽回』であることを忘れてはいけない。
劇場版では汚名挽回こそ無くなったものの、名セリフはほとんどカットされ(例:「これが戦争だろうが!」→「ガンダム!?」等)、出番も減ってしまった。
ボロボロ党内では比較的良識人に見える。
あまりの出番の少なさに空気化してしまい、大勢の党員に顔を忘れられている。

島津義弘


本多忠勝(物凄く強い)と唯一互角に戦えるという
設定に反して忠勝より遥かに性能が低い。
海外版では明智光秀、前田夫婦とともに敵専用キャラとなっている。
さらに2では毛利元就と一緒にザビーに洗脳されている。

シン・アスカ


愛称はツン。
一応、種死の主人公。しかし主人公の座をキラに奪われてしまった。
最終戦で自機のデスティニーを凸の隠者に破壊されてしまった・・・
が、実は種死50話は全体的にラクシズと凸の捏造カットばかりで、「真・最終回」
では戦闘が全く違った結果になっている。
凸に一方的に駄目弟子認定されているが、本人は弟子になった覚えもなく、
「そんなに弟子にしたいんなら力づくでry」と、一度丘の上から突き飛ばし大怪我を負わせている。
(おそらくデスティニー受領の前の回で、凸本人が捏造カットを差しこんだ為事実は闇の中に葬られた。)
スパロボシリーズの初参戦がスクランブルコマンダー2といういわくつき作品の続編で、さらにゲームの視点は主にキラ側という最悪の扱いであった。

寝台特急みずほ


九州特急兄弟4番目の弟だが、その使命は単なる「混雑緩和」で、旧型客車使用の上に臨時で登場。
初代ブルトレの『あさかぜ』、名特急『さくら』、ロングランの『はやぶさ』、自分を母体として誕生した『富士』に比べ
影が薄い上に補助列車の為に前述の列車達と走行区間が被り更に空気な存在だった。
その為食堂車廃止と列車廃止が真っ先に訪れ、ちやほやされたのは廃止寸前の時だった。

キャラですら、それどころか人間ですらないが
鉄ヲタでもある空気党本スレ>>502の観点から見て「こいつ空気だな・・・・」と思ったのが入党推薦理由でつ。

水銀燈


ローゼンメイデンの第1人形。
強いはずなのだが、いつも真紅に負ける(アニメでは燃やされた)。
長女で燃やされた過去を持つ事から、自分をウルトラ兄弟に例えるとゾフィーになってしまうという事に大きな不満を持っている。
漫画版は大した出番も無いまま打ち切りになってしまったが、ヤングジャンプにて奇跡の再開。
今度こそ真紅に雪辱なるか!?

スティング・オークレー


愛称はオクレ兄さん。
ファントムペインの3人の中でおそらく一番ソスな男。
最初の頃は活躍していたのだが、中盤になると出番といえば凸とビーム撃ち合いくるくる位で、量産機のムラサメに撃墜されてしまう。
その後なんと生還し、デストロイに搭乗してファンを驚かせたが、 雑魚同然に撃墜されたりなど、かなり悲惨な目に遭っている。
料理が上手く、料理教室を開いたりしている。

須藤雅史


仮面ライダーシザースに変身する駄目刑事。
バレンタインにボルキャンサーからチョコを貰えず未だ落ち込んでいる。

刹那・F・セイエイ


「機動戦士ガンダム00」の主人公。ガンダムエクシアのマイスター。
スレに現れてはガンダム00の宣伝活動を行っているが、全く成果は上がらない。
空気党入党の最有力候補。
最も有名なセリフは「俺がガンダムだ」(というかこれくらいしか無い)

ゼロ


ロックマンエックスとロックマンゼロに登場の最後のワイリーナンバーズ。
当初はエックスの頼りがいのある先輩として登場したが、自爆したり洗脳されたり、
恋仲になったキャラに死なれたりと波乱に満ちた人生を送っている。
最新作のゼロ4でも行方不明なっているが最新作のロックマンゼクスにてライブメタルと化して
しぶとく生き延びた。
赤と先輩ということで微妙に橘さんとポジションが酷似する。
なお、ゼクスにはジルウェという似た人がいるが今のところ関係は不明。

ゾイド八頭身ズ


博学で顔の広い不死身のムラサメライガーと、スレ全体でも貴重な突っ込み役のゴジュラスのコンビ。
ブレードさん後見人&ボロボロ党を生暖かく見守る。
スレ住人によって「ゾイド自体がボロボロである」と喝破されてしまった。

ゾフィー


ウルトラ兄弟の長兄にして宇宙警備隊隊長。
必殺技は(設定だけは)兄弟最強のM87光線。
情報操作に長け、ありもしないことをでっち上げる名人。
正義を守るウルトラ戦士でありながら凶悪宇宙人たちとの癒着を噂されている。
苦手なものはバードンと火。 好きなアニメは「苺ましまろ」。アイドルヲタでもある。
行きつけのメイドカフェはぴなふぉあ。
ただし、そこでも『隊長』と呼ばないとキレるので注意。
映画『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』ではタロウに存在感を食われ、メビウスでは「ついにゾフィーの人間体が明らかに!?」などと公式HPで書かれたものの、非常に微妙な扱いで、最終回で美味しいところを持っていっただけだった。
ガラハド&テリー復活の代償として、胸のイボ(スターマーク)を取られ、初代マンや新マンと見分けが付かなくなってしまった。逆にそれを利用して、悪事を働く事も…。
名声を求めるあまりか、ついには自演にも手を染めてしまった。
ボロボロ党隊長。


た行


ダークザギ


来訪者がウルトラマンノアをモデルに作り上げた対スペース
ビースト最終兵器。ウルトラマンネクサス最終回でウルトラマンノアに
敗れたが、情報体となって無印種以前の種世界に飛来、シン・アスカの
身体を乗っ取った。人々の恐怖心がエネルギー源。
血のバレンタインを始めとする事件は全て戦争を引き起こそうとした
シン=ザギの仕業との説も。背景党の黒幕。ちなみにM78世界での姿はヒルカワ。

大神官ガジャ


ゴードム文明の神官、ボウケンジャーに秘法を盗まれて可哀想な人。
何故かいつの間にボロボロ党に。

タイラント

怪獣たちの怨念が集結し誕生した暴君怪獣。ゾフィー隊長のもう一体の天敵。
タロウ40話にて隊長の腕を踏んでへし折り、これを皮切りにウルトラ兄弟を五人抜きした。
大怪獣バトルでのでのディフェンスの低さは逆恨みしたゾフィーの捏造の所為だと信じている。
7弾でEXタイラントに進化した。また大怪獣バトル2期で海堂さんそっくりのキール星人のお供として登場した。

琢磨逸郎


オルフェノクのエリート集団・ラッキークローバーの1人。
登場した頃は変身せずマンショントライブ相手に余裕さえあった。
しかし、草加に555のベルトを取られてから転落の一途をたどる。
北崎にいじめられ、人間として生きる選択をし職に就くも現場監督に
頬をグリグリされ…孤独にべそをかき指チュパしつづけてきた。

橘右京


サムライスピリッツの登場キャラ。居合の達人。
不治の病に侵されており、結ばれない恋に身を焦がしている。
最初は覇王丸のライバルキャラという設定だったのだがまったく絡みがなく、続編では牙神幻十郎にその立場を奪われる。
さらにシリーズが進むにつれて、ライバルが色物、EDで斬られて「か~弱ぇ!!」と言われる等、どんどん不遇な扱いになる。
病気のせいでよく吐血する。しかし、不都合な事を血を吐いてごまかしたりする時も。
例:右京さんって俳句が詠めたり、刀を自作できたり、女にモテモテだったり、シリーズにはほとんどフル出場していたり、毎回キャラ性能が高かったり、それほどボロボロではないような・・・「ガハァ!!」

橘朔也


ボロボロ党党首。
単なるヘタレではなく『ボロボロ』という新境地のパイオニア的存在。
自称・クールで強い先輩ライダー。
仮面ライダーギャレンに変身する。
多数のネタ台詞所持の上、大食いと何かにつけて騙されるという特技を持つ。
好きなものはスパゲッティと辛味噌。
必殺技は親しい人が死んだ時のみ使えるバーニング○○○←死人の名前。
最近、SPDに逮捕されてしまった(多分、辛味噌を万引きしたせい)
最近、マスクが織部焼きの陶磁器だと判明。
2007年4月24日、凸によってついに党首の座を奪われてしまい、やさぐれてどこかへ去ってしまった。
が、いつの間にか帰ってきていた。
アンチボロ党党首・バードンに認められ、党首の座を奪還した。
ギャオスの希望で、辛味噌3年分の謙譲を条件に悪食党の特別顧問も兼任している。

チップ・ザナフ


ギルティギアの登場キャラ。元ジャンキーの忍者。通称紙。
設定上では人類NO.2のスペック(No.1はジョニー)と言われているが、
ゲーム上では最弱キャラ候補とまで言われているかわいそうなキャラ。
日本の文化を勘違いしており、技を繰り出すときに「スシ!」などと叫んだりするかわいい一面もある。
断末魔は「シッショー!!」

ディアッカ・エルスマン


元グゥレイ党党首。愛称は痔悪化。
迂濶の道を逝き残念を司る男。DQNでエロでバカでエセ外人、しかしアメリカでは人気爆発(らしい)。
口癖はグゥレイト!で、主食は炒飯。お茶の間の狙撃手で、無印時代は究極の和みキャラであったが、
種死では同期と開く差(凸はフェイス、相方の遺作は白服隊長)、出番の少なさから空気キャラとなった。

デス


ロマンシング・サガの冥府の神であり、ボロボロ党員のサルーインの実の兄。
厳格で冥府に堕ちた死者の魂には例え汚れたボロボロ党員の魂であっても平等に扱う。
党員が不幸なことになった場合、代償を支払えば彼が死んだ党員を復活させてくれる。
もっともその代償は望んだ者の大事なものが取られることが多い(例:ゾフィーのイボ、アスランの髪の毛)。
また、死の循環を司る死の王故か命を弄ぶ行為に対しても厳しく対処する。
最近、地獄少女閻魔あいが部下になった模様。

テック・クラーケン


隠将ファントムの部下
その存在はファントムしか知らなかったために忘れ去られてた

デストロイア


『悪魔の発明』オキシジェン・デストロイヤーによりカンブリア紀の海生生物が変異した(自称)完全生命体。
自衛隊を蹴散らし一度自分を倒したゴジラジュニアを空中から投げ落として殺し
ゴジラを引き摺り回す残忍な戦法を見せたが見せ場はここまで。
以後はジュニアを殺された怒りに燃えるゴジラに圧倒され続け、逃走を図ったが
自衛隊の冷凍兵器の集中砲火を浴び墜落死した。
墜落後ゴジラと最期の死闘を繰り広げるシーンがあったがカットされたとのこと。
高熱火炎と冷気が苦手。

テリー


DQ6の仲間キャラクター。
クールな性格、暗い過去などで 強いキャラにありがちな
設定の割には、仲間になった後は育てても能力値が中途半端なため
たいてい装備をはがされて酒場に送られる。他にも武闘家の職歴詐称
の疑いがある。剣士なのに最強武器は牙。しかし彼がパーティーにいると
万能キャラドランゴを仲間にすることが出来るのでFFDQ板では
「青い引換券」とよばれもっぱらネタにされている。
現在におけるボロボロ党№4候補の1人。

東條悟


仮面ライダータイガに変身する。
中の人が顔が丸いことからアソパソマソといわれたりすることも…。
タイガのファイナルベントはアンパンチでないので注意!
このスレでは、ライダー界のキラ・ヤマトと呼ばれることもしばしば。

ドギー・クルーガー


宇宙警察地球署々長。党員達が犯罪行為をしでかすと駆けつけタイーホ。

ドロロ兵長


空気党の実質ナンバー2。
ケロロ小隊の中で唯一人侵略反対派で、地球の平和と自然を愛する。
アサシンであるため単独行動が多く、そのためか仲間から忘れられる事が多い。たまに出てくれば空気が読めずに仲間外れにされるソスな奴。


な行


ナインハルト・ズィーガー


サムライスピリッツの登場キャラで千の破壊者の二つ名を持つプロシア帝国の騎士。
八頭身ゾイド達が牙神幻十郎と間違えてつれてきた。
日本語がしゃべれず「ヴァー!!」としか話さない。


は行


ハイド

流星のロックマンの敵キャラ。
ゲームでは敵の幹部として登場するが、尽く失敗し、最終決戦において
敵のボスと友達になりたいと叫んだり、それを寄生虫呼ばわりされて散々であった。
アニメでは設定改変させられ、恐怖絵を描く画家になっており、
子供に見放されている事も気づかなかったり、オーパーツを見つけたと思って抜け穴に落ちたり
結構ボロキャラだった。

ハイネ西川


自称モテモテのイケメンフェイス。
しかし、それを証明するものは何もない。
ジェリド、サルーインと並ぶボロボロ党の良識人。
ブロックワードは『桑島◆子』と『パ★ィー』

日暮闇太郎


ロックマンエグゼのレギュラーキャラ。
ゲーム、アニメともども出演回数は多いのだが、いまいち空気である。
さらに最新作の6ではとうとうレギュラーを降ろされた。

ブラックキング


レッドキングの実兄でナックル星人の部下として働く用心棒怪獣。
弟を凌駕する強さを誇るが弟の商業価値を落としたくない(by円谷プロ)との理由で復活できない為弟を毛嫌いしている。同じアンチボロ党員のタイラントやゼットンとは大怪獣バトル第三弾で共演している仲だがナックル星とペダン星が戦争をしている関係でキングジョーと最近折り合いが悪い。さらに愚弟が大怪獣バトルNEOの主役に抜擢されたので怒り心頭である。
映画「大怪獣バトルウルトラ銀河伝説」で遂に復活、シャプレー星人の配下としてゴモラと戦う事になった。

プリンスブライト


ふしぎ星の宝石の国の第一王子にしてふしぎ星の王(自称)
かつてはふしぎ星のプリンセス達の憧れであったが、ライバルであるプリンスシェイドの、
活躍のせいで焦り、悪のプーモ族のブゥモによって暗黒面に染まってしまう。
暗黒面に染まったとはいえ、やっていることは自演やしょぼい悪行ばかりで、いかにもボロキャラだった。
自らはふしぎ星のためといっているが空回りしすぎである。
ちなみに彼がボロボロ党に入ったことで一時期だが、ふしぎ星はボロボロ党員に占領されたという。

プリンセスアルテッサ


ブライトの妹、兄が心配でたまに現れる。

プリンセスミルロ


ふしぎ星のふたご姫のしずくの国の王女。
本編ではとにかく出番が少ないがやや優遇気味。
空気党の次期党首。

ブレードさん


クールなのか熱血なのよく分からない性格、どう見ても負けている勝負を「今日の所は引き分けにしといてやる」
騙されて長い間主人公を逆恨みし、その逆恨みの延長線上で主人公の相棒(正体は幼女)を殺しといて真相が判明すると今までのことを「気にするな、小さな事だ」ですます
また「ユニゾンは力ではない、パワーだ!!」など良く分からない持論を持ち、強大な力を手に入れた時はよくアヒャる
愛機思いではあり、自分の相棒が壊れるたびに敵討ちに出かけ2代目相棒であったバーサーク・フューラーの敵討ちのさいは生身で最強の高速機エナジーライガーに挑んだ
ゾ板ではブレードさんの愛称で親しまれている、微妙にホモ疑惑あり

プレセア・コンバティール


ハイネの桑島ネタのためにたまに来る
ハイネの天敵

ぺやや


ぺヤング川澄こと川澄綾子氏、さまざまな人気キャラを演じる有名な人気声優のはずだが
ここでは顔が四角い新種の妖怪程度のポジションで、各党員からかなりぞんざいな扱いをされている
基本的に歌唱力はアレだが、きれいな彼女の時は伊坂戦の橘さん並みに確変する

ボルトファイズ(仮)

恐らく仮面ライダー555前史であろうファイズ vs デルタに登場する、中の人が分からないファイズ。
草加との連携プレーや、草加カイザの台詞「あんなヤツ、友達じゃない!」などから、恐らく元流星塾生だと思われる。

ま行


三沢大地


空気党党首
単なるソスなキャラではなく『空気』という新境地のパイオニア的存在。
自称・「頭脳明晰・スポーツ万能の天才決闘者」。
ボロボロ党の党員も兼任しているが、そのなかでも
影の薄い男である。
そして本編のでもあまりの出番のなさにソスの称号を得た。
半年以上まともに決闘すらなく強い奴から勧誘する白の結社からまったく誘いがかからず
自分から挑戦しにいき試合に勝てたのに自分のことをみんなに認めてほしいという理由で
罠カードを使わずあっさり負けた。
そして洗脳されてしまい白くなってしまった。
いまではボロボロ党も白の結社にいれようとたくらんでいる。
その後、十代とツバインシュタイン博士のデュエルでデュエル物理学の研究しようと志す。
が、研究中事故にあってしまい異次元に転送されてしまう・・・

南光太郎


音痴党党首。
仮面ライダーBLACK(RX)に変身する昭和最後のライダー。
なんでもゴルゴムの仕業と認定する正義(ジャスティス)の持ち主。
橘さんを後輩ライダーとして認めておらず、脅迫状を送ったり、キックをかましたりと情け容赦なし。
先日、彼の歌により、悪魔城と空間がつながり、蒼真が召還されてしまった。
ディケイド本編と映画にて21年ぶりに本人降臨した上に、BLACKとRXのダブル変身までやってのけた。

冥府神スレイプニル


マジレンジャーのインフェルシア最強の2極神の一人。
だったが本編ではウルザードとの戦闘中にどこかに転送されてしまい
その後まったく出番が無くなり空気化してしまった。最後は時間の都合上
でいきなり新必殺技くらって退場してしまった。インフェルシアの神の中で
一番目立たない人でした。  

メイリン・ホーク


アスランの現恋人(?)
人付き合いがヘタなアスランに沢山の友達ができたことを喜んでいる。
小夜子さん同様に生温かい目でアスランを見守っている。

モスラ


東宝怪獣の看板娘(?)で最強を誇る巨大蛾怪獣。
クウガに並ぶフォームチェンジの達人。
キングギドラ、ガイガンの天敵。
ちなみにデストロイアからは「本当はVSデストロイアが平成ゴジラ興行収入NO.1だったのにモスラが捏造したからVSモスラが一位になった」という無茶苦茶な理由で恨まれている。

や行


八神庵


橘右京の友人?KOFの登場キャラ。
KOFでは相手をなじり罵るような言葉が多く、かなり暴力的な人物である。
しかし美形会議では唯一良識を持った人物であり、信頼もされているらしい。
時折痛い箇所を突き、右京に吐血されてはアンディとロバートの二人に右京に謝るよう責められる。
KOF XIで力を奪われてしまった、KOF XIIではヘタレ化した彼を見る事ができるのだろうか?
ちなみに性能が低かったためしが無く、人気高い、ストーリーでの扱い良い、KOFだけでなくVSカプコン等にも出ずっぱり、とボロ党とは無縁の人物である。

矢車想


初代ザビーにして現キックホッパー(AAはキックホッパー)
ザビーゼクターからの見事な見捨てられっぷりからボロ党員に。
キックホッパーに返り咲いた代償なのか激しくやさぐれてしまった。
なおディケイド本編と劇場版に二度も登場した。

ユウナ・ロマ・セイラン


ヘタレ、ボロボロ以外にも『無能指揮官』の能力を持つ。
ただし、本人にはその自覚はない。
自称「二枚目で優秀なカガリの夫」

ユアン(・カーフェイ)


テイルズオブシンフォニアのレネゲードの党首。
恋人が死去したり、自分の不始末で世界が崩壊寸前になったりと役回りが非常に橘さんに酷似している。
ボロボロ党では影が薄いが、食糧配給をしたりと地味でいい奴である。
OVA版TOSでの出番が無い事を嘆いていたが結局は出演を果たし、しかも大活躍してしまったために他のゲーム支部党員から不興を買っている。

ら行


リュウオーン


ジャリュウ一族の長
二度もボウケンレッドに敗北してヘタレ街道まっしぐらな人。
ガジャともどもボロキャラである。
何故かメイリンのご飯をゴチになろうとしたことも。

ルルーシュ・ランペルージ


ブリタニア帝国の第11皇子であり、テロリスト集団・黒の騎士団のリーダー・ゼロとしての顔も持つ。
策士を自称する割には詰めの甘いうっかりさん。
初恋の人に間違えてギアスをかけてしまい、虐殺者と化した彼女に日本人を大量虐殺させたり、過去スザクにかけた「生きろ」ギアスのせいでトウキョウ租界をフレイヤで壊滅させナナリーを生死不明にしてしまったりと、人類滅亡させかけた橘さんもビックリなうっかりぶりを披露する。
ユッフィー人形と妹のナナリーがいないと夜眠れない。

レッドキング


多々良島において最強の髑髏怪獣。
チャンドラーの翼をもいでその強さをアピールしたはいいがウルトラマンに敗北。
日本アルプスでは八つ裂き光輪でバラバラにされ、パワードにおいてはメスが墜落死、オスがパワードドラコに斬殺、マックスでは口に挟まった爆発岩石を無理矢理飲まされ気絶した後マックスに爆破処分され、メビウスではゴモラの前座扱い。
しかもブラックキングという上位互換が居る。
残念ながら大怪獣バトル実写版の第一話でゴモラの捏造技を食らい爆死。
第七話ではブルトンに呼び出されネロンガ、テレスドンとともに兄貴の真似して集団フルボッコを実践してゴモラを敗北寸前まで追い込むもリトラの加勢によりまた超振動波で爆死した。
大怪獣7弾でEXレッドキングに進化したが弱キャラのままだった。
大怪獣バトル新章NEOで主役の座を射止めたが、優遇されすぎて逆に嫌われた上にゴモラの影に隠れ、NEOの新章突入とともに主役の座を降ろされたに近い状態となった。一方、実写版大怪獣バトル2期では海堂さんそっくりのグランデの下で大活躍し、最終回ではEXレッドキングに進化、EXゴモラと一緒にアーマードダークネスを倒した。
ちなみにEX状態ではメトロン星人の相方だったがNEOでメトロンが円盤生物ノーバを新たなパートナーにしたためクビにされた。

ロバート・ガルシア


橘右京の友人であり、龍虎の拳の主人公の1人。
通称「最強の虎」。
龍虎の拳 外伝で主人公になったが、ここでシリーズは打ち切り。
それでもKOFには出場し続けていたが、唐突に技をガラリと変えられてしまうなど、年を取ったアイドルが脱がされるかのような扱いを受ける。
若いプレイヤー層からは「龍虎チームの『龍虎』って何の事?」なんて発言も聞かれる・・・。
特技はフェラーリを乗り回す「そこら辺で派手にやったる」

わ行


|