外国画家


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スペイン

最後に肖像を描いた女性は1961年に結婚したジャックリーヌ・ロックである、『ゲルニカ』などの作品で知られるスペインの画家は誰でしょう? パブロ・ピカソ
パブロ・ピカソ
スペイン画家三大巨匠といわれるのは、エル・グレコ、ゴヤと誰でしょう? ベラスケス
フランシスコ・デ・ゴヤ
パリの西約80km.の郊外にあるジヴェルニーに土地を購入し「水の庭」「花の庭」を作り自ら「最高傑作だ」と言い、没するまでその地で作品製作を続けた、代表作に「印象・日の出」「散歩、日傘を刺す女性」「睡蓮」などがあるフランスの画家は誰? クロード・モネ
遺書代わりの大作『われわれはどこから来たのかわれわれは何者か、われわれはどこに行くのか』が有名な、タヒチに渡ったフランスの画家は誰? ポール・ゴーギャン
彼は手元にあった主要作品を全て国家に遺贈したため、彼の作品の多くはロンドンのテート・ギャラリーで見ることができる、1842年に製作された『吹雪-港の沖合の蒸気船』ではこの作品を作るためにマストに4時間も縛り付けられ嵐を観察したというイギリスを代表する画家で、『国会議事堂の火災』や『雨・蒸気・速力』が有名なのは誰? ウィリアム・ターナー
彼の絵は世間から全く認められず、43歳出始めてサロンに入選したときは友人の審査委員に頼み込むことでやっと入選を果たしたという、エミール・ゾラとは少年時代からの友人であり、その交友関係は1886年に絶交するまで続いたフランスの画家で、代表作に『桃と梨のある静物』や『女性大水浴図』がある「近代絵画の父」として知られるのは誰? ポール・セザンヌ
幼くして亡くなった兄と同じ名前を付けられたという、1940年アメリカに亡命した際にはフランスパンをかぶっていたというシュールレアリスムのスペインの画家で、『キリストの磔刑』やグニャグニャの時計で有名な『記憶の固執』で知られるのは誰? サルバドール・ダリ
1622年から30年までは外交官としても活躍し、1629年外交上の密命を受けロンドンに赴いた際にはイギリス国王チャールズ1世からナイトの称号を与えられているフランドルの画家で、『パリスの審判』・『キリストの磔刑』や『マリード・メディシスの生涯』で知られるのは誰? Peter paul ルーベンス
王立修道院のフレスコ画の注文を受けようと国王フェリペ2世に作品を提出し、拒否されたこともある、その通称は「ギリシャ人」という意味がある、ゴヤ、ベラスケスとともにスペインを代表する画家で、『聖母被昇天』、『オルガス伯爵の埋葬』や『トレド風景』で知られるのは誰? エル・グレコ
1915年未来派の画家カラに出会いともに雑誌「形而上絵画」を創刊した、顔のないマネキンや無関係な物体を無造作に並べた作品がシュルレアリスムの画家たちに採用され、ダンギーやダリに影響を与えたイタリアの代表的な画家で、自伝に『わが生涯の思い出』があるほか、代表作に『ある秋の夜の謎』『街角の神秘と憂愁』『詩人の不安』があるのは誰? Giorigio de Chirico
彼自身は印象派の画家と呼ばれるのを避けている、「フォリー・ベルジェールのバー」や女性の描き方が伝統的でないと非難された「オランピア」でしられるフランスの画家は誰? エドアルド・マネ
1514年にはブラマンテの死後にサン・ピエトロ大聖堂の主任建築家、1517年にはローマ個物監督責任者に推挙されるなど芸術家としては異例の富と権力を手にした、彼は37歳の若さでなくなったが、ジョルジュ・ヴァザーリは性愛の楽しみが過ぎたためだと書き残している、ルネサンス期の画家で、『アテネの学堂』『サン・シストの聖母』などで知られるのは誰? サンティ・ラファエロ
動物や風景、土地の人々など、それまで一般的であったアトリエ制作でなく、戸外で絵を描くことを選択したテオドール・ルソーやドービニ、ミレーなどの画家グループを、彼らが住んでいたフランスのパリ近郊フォンテンブローの森のはずれにある町の名前から何派という? バルビソン派
メディチ家に支援されたり、メディチ家のためにフランスに逃亡したこともある芸術家で、その名はミカエルと天使を合わせたものである、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ラファエロとともにルネサンスの三大巨匠と呼ばれる、代表作に『サン・ピエトロ大聖堂』『最後の審判』『ダビデ像』などがあるのは誰? ミケランジェロ・ブオナローティ
「花瓶の花」などで知られる次男のヤン、「農民の婚宴」「バベルの塔」などで知られる父のピーターなどが知られる、17世紀まで活動した芸術一族は何? ブリューゲル
視力が衰えると視力をあまり必要としない彫刻やパステル画を手段とするようになった、日本の浮世絵の研究によって奇抜な視角と非対称的な構図の実験を始めたフランスの画家で、代表作に『アブサント』『ロンシャンの競馬場』や『花束を持って挨拶する踊り子』があるのは誰? エドガー・ドガ
『東方三博士の礼拝』では聖書の人物に扮した彼の家族や彼自身が描かれているという、ゴヤ、グレコとともにスペイン絵画の3台巨匠に数えられる画家で、『インノケンティウス10世』『ブレダの開城』、フェリペ4世の皇女マルガリータを描いた『ラス・メニーナス』があるのは誰? ベラスケス
フィレンツェに生まれ、17歳のとき当時名高い彫刻家ロレンツォ・ギベルディの助手となったイタリアルネサンス期の彫刻家で、ミケランジェロにも影響を与えている、代表作に『ヨシュア』、ブロンズの『ダビデ像』『マグダラのマリア』があるのは誰? ドナテロ
ろうそくの光で照らされたくらい室内を扱った夜の絵がよく知られている17世紀のフランスの画家で、『羊飼いの礼拝』などで知られるのは誰? ラトゥール
絵と同じく政治においても急進派だったため、1871年のパリ・コミューン政府のもとではすべての美術館を監督する役に任じられ暴徒の略奪からコレクションを守ったフランスの画家で、代表作に『オルナンの埋葬』や『画家のアトリエ』があるのは誰? ギュスターブ・クールベ
黒白、鋭敏な輪郭線、遠近法の拒否、人体の比例の否定などの特徴を持つイギリスの芸術家で、トマス・マロリーの『アーサー王の死』やワイルドの戯曲『サロメ』などの挿絵で知られるのは誰? ビアズリー
「白の時代」が有名な画家で、「モンマントルの落とし子」といわれるのは誰でしょう? モーリス・ユトリロ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。