ノーベル物理学賞受賞者


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

☆1901 原子番号111にその名を残す、放射線の研究により1901年に第1回ノーベル物理学賞を受賞したのは誰でしょう? ヴィルヘルム・レントゲン
1902   ヘンドリック・ローレンツ/ピーター・ゼーマン
1903 放射能の単位にその名を残す、1903年に放射線の発見によりキュリー夫妻とともにノーベル物理学賞を受賞したのは誰でしょう? アンリ・ベクレル
☆1903   マリー・キュリー
☆1903   ピエール・キュリー
1904   レイリー卿
1905   フィリップ・レーナルト
1906   ジョセフ・ジョン・トムソン
1907 1907年に「干渉計の考案とそれによる分光学およびメートル原器の研究」によってノーベル物理学賞を受賞した、そんなことよりも1881年にエドワード・モーリーとともに行った実験が後にエーテルの存在を否定することになったアメリカの物理学者は誰でしょう? アルバート・マイケルソン
1908   ガブリエル・リップマン
☆1909 イギリスのワイト島からカナダへと大西洋を横断する無線通信の実験を成功させ、1909年に「無線通信の研究」によってブラウンとともにノーベル物理学賞を受賞したのは誰でしょう? グリエルモ・マルコーニ
1909   フェルディナント・ブラウン
1910   ヨハネス・ファン・デル・ワールス
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     




ノーベル賞受賞の祝い酒で、酩酊、転倒、骨折し授賞式を欠席したという、くりこみ理論で知られる日本人物理学者は誰でしょう? 朝永振一郎
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。