書き出し


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「山道を登りながら、こう考えた。」と言う一文で始まる、夏目漱石の小説は何でしょう? 草枕
「山の手線の電車にはねとばされて怪我をした。」という書き出しで始まる、志賀直哉の小説は何でしょう? 城の崎にて
「医者は探りを入れた後で、手術台の上から津田を下した。」という書き出しで始まる、夏目漱石の絶筆となった小説は何でしょう? 明暗
「津田はその微笑の意味を一人で説明しようと試みながら自分の室(へや)に帰った。」という一文で未完となっている、夏目漱石の絶筆となった小説は何でしょう? 明暗
  「プリベット通り四番地の住人ダーズリー夫妻は、「おかげさまで、私どもはどこからみてもまともな人間です」と言うのが自慢だった。」という書き出しで始まる、J・K・ローリングの世界的ヒットとなった小説は何でしょう? ハリー・ポッターと賢者の石
  「私はその人を常に先生と呼んでいた。」 こころ
  「下人の行方は、誰も知らない。」 羅生門
  「国境の長いトンネルを抜けると雪国だった。」という一文で有名な、川端康成の小説は何でしょう? 雪国
「どっどど どどうど どどうど どどう」 風の又三郎

文責SNK
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。