※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

よく挙げられるカジノ合法化の目的のひとつに「政府財源として」というものがある。カジノを合法とする多くの国では、カジノ事業者に対してカジノ税、もしくはゲーミング税と呼ばれる課税を行なうのが一般的である。カジノ税はカジノ売上(カジノがプレイヤーから引き受けたペット総額からプレイヤーに払い出した賞金総額を引いた額)に、一定比率の税率をかけて求められる。

マカオカジノ税。

カジノ税は低ければ低いほど産業の形成にとっては有利となり、その税率の下で生まれる産業規模が大きくなる。為政者はより多くのカジノ税を求めカジノ税率を高く設定しがちであるが、あまりに極端に税率を高めすぎるとカジノ産業の成立が難しくなり、そこから得られる税収額も小さくなってしまう。一滴規模の産業が成り立ちうる均衡点、それが最適なカジノ税率となる。