ヴァルロイド外人傭兵部隊


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

初出はエピソード2

ヴァルロイド軍に従属する、ヴァルロイド国籍をもたない者が雇われる傭兵部隊。
軍内での地位は低く、正規軍の補助や、使い走り、雑用などの重要度の低い仕事を行なうことになる。

入隊するのに特に条件は無いが、雇用条件がお世辞にも良いとは言えないため(給金は悪くないものの、仕事の内容がきつい)仕事の無い流れ者が集まる傾向にある。

また、多種多様な人材が集まり、長年この部隊にとどまり、中心的な役割を担うものを核としてコミュニティが形成され、侮れない情報源ともなっている。

エリート部隊はミスリルバックラーの名で呼ばれ、その隊長格は闘技場での成績優秀者がヘッドハンティングされる。隣国の特務戦技兵部隊を意識したネーミングか。