職業


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このゲームには五つの職業があります。

 

warrior (戦士)

どのロールプレイングゲームにも登場する戦士です。このゲームでの特徴はいろいろな種類の武器が使え、armourの高い鎧を着ることができます。

warriorのskillはstrengthかvitalityに因るものが多いため、これらを上げるのが良いかと思われます。strengthとvitalityのどちらを重視するかはどのような戦士にするかによるかと思います。すなわち、敵の攻撃を一手に受け仲間を守るtank。あるいはダメージを重視するdps(damage per second) warrior。はたまたその中間となるhybrid。tankとなるような戦士を目指す場合はvitalityを重視。これによりlifeが増え死ににくくなり、また防御系のスキル(protective stance, deffensive formationなど)の効果も増強します。相手の攻撃をよけるdefenceに影響するdexterityを上げることも考えても良いかもしれません。

 

ranger (レンジャー)

弓を使い遠隔攻撃のできる職業です。槍spear、knuckleも使えるのですが、弓を装備していないと使用できないスキルが多いためレンジャーで弓以外の武器を使うメリットはほとんどないと思われます。またドルイドのnature touchに次ぐ回復魔法であるlight healを使うこともできるため、後方から回復支援することもできます。

レンジャーで利用価値の高いスキルとしては、前述のlight healの他に相手の移動速度を減少させるbolusがあります。これはボスにも効くため(レベルの高いボスほどこのスキル回避率が上がるみたいですが)、これを利用するボス対戦方法も広く行われているようです。

スキルは全て(!)dexterityの影響を受けるため、ここに集中してstatusを振るのが良いかと思われます。

 

mage (魔法使い)

強力な魔法のスキルを使用する職業です。発動までの時間が長めで、次使用するまでのリチャージの時間も長めですが、そのダメージは全クラス中トップレベル!

攻撃魔法はfire bolt, firestormなどの火系、ice shards, ice blastなどの氷系がありますが特にどちらかを選ばなければならない訳ではありません。

武器はwandを使いますが打撃によるダメージはほとんど当てにはできません。

 

druid (ドルイド)

回復魔法や防御系のスキルを使用する職業です。回復系の魔法以外にもstorm touch, stinging swarmなどの攻撃魔法もあります。

どのstatsを上げるのがよいか

最初はfocusとvitalityを上げていくのが良いかと思われます。lifeを上げるアイテムが手に入るようになり、life 1000以上になるようになったらbook of rebirthでstatsをリセットし、すべてfocusに割り振るのが良いでしょう。

rogue (盗賊)

このゲームのrogueは罠を見つけたり、はずしたり...ということは(今のところ)なく、すばやく瞬時に出せるダメージ系スキル(shadow strike, quick strike, reposteなど)が多いというのが特徴な職業です。使用できる武器はdagger、hand to hand(素手、メリケンサック)と攻撃間隔が短い物の他にspearも使用できます。重い鎧は装備できませんが、dexterityに因るスキルが多いため、回避率であるdefenceも上がり、戦士がいないパーティーではtankの役目を果たすこともあるでしょう。