vs関羽(演武Ver1.12)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

VS関羽

基本

飛び道具に気を付けつつ遠Bと2Bの距離で戦う。
闘刃が見えたら遠CやC龍牙、軍師でダメージを取っても良い。

開幕



遠距離

闘刃でのゲージ貯めを許してしまう距離のため、基本的にはダッシュで距離を詰めたい。
遠C先端付近であれば闘刃を見てから遠Cや軍師でダメージを取れ、飛び込みJBが間に合うなら
前JB>2B>B龍牙>2A>EX龍撃のコンボが狙える。

中距離

遠Bと2Bで相手の接近を阻む。
2Bの距離で6Bを使って崩撃を狙ってくる相手には遠B多めでダメージを取り、ジャンプでの接近に備える。
A龍撃の先端をきっちりガードさせた場合、関羽側は反撃技を持たないので嫌がらせに機能する。

近距離

2Aからのリターンが高い相手のため近距離は少々分が悪い。
また、近めでA系統以外の攻撃をガードされるとEX青龍の刃が確定するため不用意な固めは避けるのが無難。
安易に2A連打をすると投げ抜けや下段ガード崩しを兼ねた6Bを貰ってしまいひどい目にあうので不利フレーム状況では慎重に。

地対地

B系統のリーチの長さに分があるためためじっくり刺し合いをしたい。
龍撃ガード後の反撃が距離によって異なり、安定反撃が無いため2Bから暴れ潰しの龍撃が使いやすい。

地対空

JCは下に判定が強く、めくり判定も広いため3B対空は潰されやすい。
普通の飛び込みには2Cや蒼龍星、めくりJCには蒼龍星で対空したい。

空対空

ジャンプを見て登りJから早出しJAまたはJB。もし相手のジャンプ攻撃に負けたとしても地対空で潰された場合と違い単発ダメージで済む。
必要性は薄いが、前Jで迎撃した後は受け身を取った相手に着地攻めを狙える。この時ダッシュで裏周りによる
表裏2択を迫れるが暴れJCがめくりヒットし易いので注意。

空対地

趙雲は空中変化技を持たず、関羽の青龍の刃による対空が強いため基本的にジャンプしてはいけない。
闘刃を読んだ時や奇襲としての飛びをたまに狙う程度。

被起き攻め

下段かつヒット確認コンボが可能な2Aと見切り辛い中段の6Bがやっかい。2Aを重ねられるとEX龍撃以外では無敵技暴れを
ガードされてしまうため基本的に通常投げ読みの無敵技で切り返したい場合はEX龍撃を使う。
後ろに距離があるならバクステもよいがバクステ狩り行動に負けるので注意。

起き攻め

安易に地上やジャンプから攻撃を重ねると詐欺飛びも許さない4F発生のEX青龍の刃で切り返されてしまう。
体力に余裕の無い状況ではあえて起き攻めを放棄する選択肢も重要。
ただし、EX青龍の刃以外の無敵技(3ゲージ含めて)は上方向への判定を持たないので垂直Jでスカして咎める事は可能。
バクステ狩りで2Aに2Bを仕込むと、起き上がりEX青龍逆鱗の太刀がカウンターヒットしてしまう。


確反ポイント

・2C
 -11Fのため先端以外なら反撃可能。距離に応じて遠B、(2A>)EX龍撃が確定
・遠C(2段目)
 2Bが確定
・闘刃
 <要検証>
・青龍逆鱗の太刀
 基本的には近B。フレーム的には遠Bまでなら確反

備考



その他