聖教会


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

歴史と役割


現在から約500年以上前にハンター協会と分裂し、聖教会となる。
協会とは違い魔物との直接戦闘は行われておらず、
政治や布教活動、慈善活動、悪魔払いなどが主な仕事である。
1849年に前教皇が『血のクリスマス』と呼ばれる事件により死去し、
現在はその娘である“永遠の淑女”アリス・リンデウムが即位している。

聖教会は独立した機関であるが、
国家の政治と属国の政治に対する絶対的な決定権を所有している。
政権自体は各国の議会が保有している。


血のクリスマスと現教皇について


1849年12月25日、聖教会本部内にて発生した反教会派による大量殺人事件を指す。
ミサのあとに行われていた会合の最中に犯行が行われており、
当時の教皇と上層部教団員、教会職員及び警戒に当たっていた協会所属のハンターが犠牲となっている。
多くの犠牲をだした事件であるが、犯人一派はその場で死亡が確認されている。
その場にいた人物の中で生き残ったのは現教皇アリス・リンデウムのみである。
彼女は神の寵愛を受けその身に膨大な法力を宿したが、
同時に人であることの原罪と人でありながら神の奇跡を振るう罪を償うために不老不死となり
最大の罪人として罰を受け続けている。
そのため、彼女は現在まで事件当時と同じ9歳の少女のままである。

人物


アリス・リンデウム

年齢:9歳(48歳)
性別:女
“永遠の淑女”の二つ名を戴く現教皇の少女。
見た目の年齢だけでなく、精神的な年齢も9歳のままであるが
これは事件に巻き込まれた際のショックによるものであると考えられる。
表情は乏しく、大人しい性格をしているがその身に宿した法力ははかりしれず
一説には死人すら甦らせることもできるといわれている。
常に「ネロ」と呼ばれている青年とともに行動しており、
政治的経済的な活動は彼に一任されている。

ネロ

年齢:不明
性別:男
教皇の側近であり、執政官として実際的な執行権は彼に一任されている。
一切のプロフィールは公表されておらず、謎の多き人物である。










































.

聖教会の裏側

血のクリスマスと現教皇について


1849年12月25日、聖教会本部内にて行われた異教の神を降ろす儀式の失敗により起こった大量虐殺事件である。
クリスマスミサの後に行われた秘密の儀式は、神の奇跡が失われた教会が
威光を取り戻さんとするための極めて政治的な意図のあるものであった。
当時の教皇及び上層部は秘密裏に異教の経典を入手し、その神により「偽の奇跡」を起こさんとしていた。
その計画は“ある意味で”成功した。

当日、教会本部内には当時の教皇と上層部教団員、教会職員及び警戒に当たっていた協会所属のハンターとアリス・リンデウムがいた。
アリス・リンデウムは教皇と妾の間になされた子であり、母亡き後教会施設に引き取られていたが
この儀式の際に“生贄”として呼び出されている。
儀式の際に一度はその命を落としたが、彼女が“門”となり異教の神を呼び出すことに成功した。
しかし、教皇らの思惑は外れ異教の神は暴走し教会内にて災害ともいえる虐殺を行う。
結果、当時の教皇と上層部教団員、教会職員及び警戒に当たっていた協会所属のハンターが犠牲となった。
生き残ったのはアリス・リンデウムと一人の協会所属のハンターのみである。
そのハンターの活躍により、アリス・リンデウムは保護され事態は多くの犠牲を生み出しつつも収束を迎えた。

その後、極めて高度な政治的交渉によりアリス・リンデウムが教皇を担い
実質的な執行権を呼び出された異教の神、通称“ネロ”が引き受けることとなった。
また当時の資料は全て焼き払われ、事件については「反教会派の襲撃である」と公表されている。


登場人物


アリス・リンデウム

年齢:9歳(48歳)
性別:女
“永遠の淑女”の二つ名を戴く現教皇の少女。
見た目の年齢だけでなく、精神的な年齢も9歳のままであるが
これは事件に巻き込まれた際のショックによるものであると考えられる。
表情は乏しく、大人しい性格をしているがその身に異教の神の力の半分を宿しており、その魔力は計り知れない。
儀式により、異教の神を呼び出す“門”と呼ばれる存在となった。
しかし彼女自体は普通より若干幼い精神構造を持つだけの少女であり、
目下のところその力を奮うつもりは全くないようである。

ネロ

年齢:不明
性別:男
教皇の側近であり、執政官として実際的な執行権は彼に一任されている。
その正体は夢と夜を性質として持つ異教の神である。
彼はその力の半分をアリスを甦らせるために渡しているうえ、
曰く“完全な方法で召喚されていない”ためその能力は100%ではないらしい。
しかしそれでも人間にとっては脅威であるのだが、
「アリスの保護と絶対的に脅かされることのない地位」を渡すことで現在は人間の味方として降臨している。
ハンター協会研究室総室長となんらかの因縁があるらしい。