YDA-8B ステルス戦闘機


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

YDA-8B ステルス戦闘機

製造会社
国際指定軍事工場

主武装
TNTキャノン 6-AL型

副武装
キャノン連動回路式レバー爆弾投下機 AJ-6

装甲
無し

説明

YDA-8Bは、CT軍初の空軍兵器、そしてステルス戦闘機として、現役の初期型戦闘機。主な武装はTNTキャノン、副武装は爆弾投下機となっており、TNTキャノンの弾薬の炸薬時間と、爆弾投下機の爆弾投下時間を最短にするために、回路が組み合わさり、レバーを上げ下げことにより同時攻撃をできるようになった。さらに、司令室と攻撃室の計3室(攻撃室が2部屋、司令室が1部屋)の編成で、3~4人の戦闘員が乗員できるようになっている。カルサクロフ民主主義共和帝国から、CT軍への提供という事で、カルサクロフ民主主義共和帝国から、YDA-8Bのベテラン操縦士総合して12人(3~4機の導入を決定したため)を派遣されることになった。