鍾会


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鍾会たそ~

OROCHIで私を魅了したキャラ。
こいつのせいで7を買ったと言っても過言ではない。
類稀なる才能を持つと言われているがエピソードはほぼ子供時代という印象がぬぐえない哀れな人。
ガチで有能なん?なんか性格がクソみたいなエピソードしか見んのやけど(悲)
私の中で最期までご一緒したい三国無双キャラNO.1です。

容姿

阿国さんにはイケメンなのに残念~と言われていたけど、OROCHIのモデルはそうでもないと思う。
7の鍾会は本当にかっこいい。後ろ髪が長いので、「後ろ髪引かれるみたいなエピソードで夢書けるなあ」みたいな妄想までふくらまさせてくれる神ビジュアル。
神経質そうな顔立ちが最高にCOOLだと思います。

小物

アクセサリーなどのことではなく、器のこと。
鍾会の魅力はその「小物臭」であることは周知の事実。
その小物っぷりと、空回りっぷり、そして史実での悲惨な結末……
歴史上の人物としてはクソ笑えるけれど、これが恋した無双武将だと思ったらほんとつらたん……
やっぱり最期までご一緒したいキャラ。

私の考えた最強の夢小説設定

逆トリップもの
史実では無残にも死んでしまう(失礼)鍾会を助けるために一番最初に思いついた展開。
三国志の世界にいては絶対絶命のため、逆にこちらに呼び出すという発想。

  地味で冴えないOLの私が、三国志の英雄と同棲……!?
  俺様で我儘な彼との生活は、甘く切なく……刺激的!!

という、ボルテージ激リスペクトな形で実現したい一作。
戸惑う(本人は隠しているつもりだとなおよし)鍾会に現代のことを教えながら、暮らしていくという平和なストーリー希望。
料理を一緒にする、ベランダで星を眺める、鍾会が現代で生きていくことをヒロインに誓う
という3つのシーンは絶対に入れてほしい。
特に最後の鍾会が自分の覇道や大志を捨て、現代でヒロインと共に生きていくことを決意するシーンは説得力のあるものにしてもらいたい。
あと鍾会にはセーターを着てほしい。

最期までご一緒EDもの
やっぱりたどり着いてしまう展開。
鍾会と結婚したヒロインは、着々と地位を上げていく鍾会と(鍾会史における)栄華を極めた何不自由ない生活を送っていた。
というのが前提。紆余曲折ありながらも、鍾会とはそこそこ夫婦として上手くいっているという設定。
ところがどっこい、鍾会は史実通り姜維とかいう脅威と裏切り行為を働くので、立場は一変。処刑ルート直行。
ここまでで、不穏な動きを見せる鍾会を訝しいと思いつつも、妻として鍾会に従うことを決める流れが欲しい。
そして、処刑前日での鍾会との会話。これがメインだよね、当然。
これまでの、決して良いことばかりではなかった思い出をお互いに語り合う二人。
次第に口数が減っていき、ついに無言になってしまったとき、鍾会が「すまなかった」とただ一言、謝る。
今まで決して謝ることのなかった鍾会の最初で最後の謝罪に、ヒロイン置き去りで私が号泣。
「これからも手を取りやってきたのだから、あの世でも手を取り天下を目指しましょう」と鍾会の手を握り、最後の別れを惜しみたい。
そして鍾会の処刑を見届けたあと、いつものように寝室の窓辺に花を飾ったあと、ひっそりと鍾会を想いながら自害してほしい。
生きるという選択肢があったにも関わらず、あえて鍾会と死ぬ結末をヒロインには選んでほしい。
そして、愚か者夫婦にふさわしい最期だと周囲から罵られたい。
鬱EDだから絶対に自分では書けないけど、誰かに書いてもらいたい。
この間教えてもらった支部の漫画はこれに近かった。後日ちゃんと読み直しました。
でもやっぱり長編夢小説で読みたいなあ……と思いました。

無双ならでは非人間もの
鍾会を救うには、時代の流れに逆らえるヒロインの存在が必要だろ!ということで誰もが必ず思いつく展開。
ヒロインは神 という……とんでもルート。
天女でも仙人でもなんでもいいけど、人ならざる力を持ったヒロインが、鍾会の覇道を推し進めるゴリゴリ最強ヒロイン夢小説。
完全IFルートで、最終的には鍾会が三国を統一し王になるという結末。
その傍らには美しい女がいた。それでいいやろ、もう!!
鍾会を幸せにするには、もうこれしかない……(;;)