転生ネタ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

転生ネタ

あのね、三國も戦国も激動の時代を生き抜いた悲運の将たちにはね、
どうにか幸せになってほしいと思うモンなんですよ。思うものなんです。はい。
かといって、史実は史実で存在するワケで、それがこの世の真実であり最大手なわけですよ。
なので、基本的に原作史実廚な私はみんなに幸せになってもらう手段として、「転生ネタ」を推したいと思います!
これはですね、転生前の記憶があってもなくてもどちらでもおkです。
途中で段々と思い出すネタでも最高ですね~メシがうまいですね~~~(オカワリ!)

記憶ありver.の場合

これって初対面で向こうにビビッときてもらうのが最高だね。ヒロインちゃんは記憶なし設定で。
んで、結ばれたときに「来世でも一緒になると誓ったはずだ…」的なこと言われながら抱きしめられたいよね。
前世では不運な一生を送ったから、来世では必ず幸せにすると誓って死んでいった的な。それなんてロミジュリ。
それを現世で有言実行する的な、ね。
このネタでキモなのは、ヒロインちゃんに記憶がないにも関わらずずっとヒロインちゃんを想い続ける武将たちのいじらしさよ。え…愛が重い…?奥華子……?
書く体力ないクセにこういう長編設定ばかり思いつく凡愚さよ…
逆にヒロインちゃんに記憶があって、相手に無いのはどうだろう?
記憶喪失ネタに近い感じになってしまうかな、ようやく相手が思い出した瞬間にヒロインちゃんが事故にあって
記憶喪失のバーゲンセールやー!!!が始まる。ただのワロス。

記憶なしver.の場合

あれ、これただの現パロでよくね?