外交上達法


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

外交は国にとって大切なこと 外交可能なのは

君主 軍師 司空

基本は君主が外交します、国のリーダーですので、 軍師は君主と同じように対応します 司空ですが外交専門の係りですので、外交が得意な人を選びましょう

ちなみにこの軍師と司空は信頼第一!いい加減な人に任せるとひどいことになります

上達するには、この約束を頭に叩き込んでください

①自国の利益だけではなく、相手の国の利益を考える、

②話すときは、基本中の基本ですが、「国宛失礼」個宛なら「個宛失礼」と頼みましょう

こっからがコツです、自国に協力してくれそうな他国の人を作っておきます

個宛でこんな手紙を送ると良いかも

「個宛失礼、わが国は貴国と同盟を結びたいのですが、よろしければ、  あなたからも同盟するようっ頼んでもらっては駄目でしょうか?」

もちろん、

・どうしても同盟を結びたい、

・貴国を尊敬してる

・手紙を送った相手を心から尊敬している

ってことをさりげなーくアピールしましょう、

同盟の依頼が来たときは、現在同盟してる国に、敵対してないか確認してから

国内で話し合いましょう、決める日程は3~5日が良いと思います

基本的同盟は

不可侵・共闘・援軍・破棄猶予4年・敵国支援禁止・戦時の破棄不可とかです、

対戦闘同盟は、上記に加えて

同盟国が敵国の領土を守ることや必ず共闘する、とかありますがそれは国で考えることであり

同盟を応用して、ラスト3国になったとき、2つに同盟して、片方(A)を、布告中と戦時の破棄なし

もう片方(B)を戦時中の破棄なし、にします

Bの同盟を破棄、その瞬間布告(猶予期間を考えて、●●日に侵攻します

この瞬間Aは同盟があるので助けられない、

2国同時に相手にしなければ、勝率UPです

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。